上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.28 日本帰省
今回は娘と私2人が先に日本へ帰国しました。JALのプレミアムエコノミーは快適でした。ユリも半分は寝ていたのでラクチン。ユリが旅慣れたのか、長旅も全くストレスになりません。SFOから羽田、羽田で一泊してから次の日に実家のある岡山へ帰りました。岡山ではバタバタして写真を撮るのを忘れましたが、3泊4日過ごしました。





早朝ののぞみで岡山から新横浜に向かいます。主人と親戚のおじさま&おばさま夫婦がホームまで迎えに来てくれました。





前に通っていた幼児教室へ。





みんなに絵本を読んであげてます。





青葉台のグリーンハウスでランチ。その後友達のマンションにあるパーティールームへ移動。3月が誕生日のお友達が3人いるので、バースデーパーティーも兼ねてます。ちなみに主人もランチ後から参加。





次の日は昼間に買い物などをして、夕方から別の幼児教室で仲良くなったマヒロちゃん一家とディナーです。マヒロちゃんには弟が生まれたので、そのお祝いも兼ねて、青葉台の梅の花の個室を予約しました。





ユリは『私も抱っこする~』と主張してましたが、さすがにNGです。赤ちゃんってこんなに小さかったのね~と改めて思いだす私達夫婦でした。たった3年前のことですが、もう既に忘れていました。





忘れもしない3月11日。大田区民ホールでユリが2年間通っていたデイケア/プリスクールの卒業式です。双子ちゃんの一家と車で来ました。ユリのプリスクールはチェーンなのですが、今回の卒業式は全校合同で行われました。それぞれの教室で衣装やテーマが違って、ユリのところは何故か『men in black』のテーマらしいです。ちなみにこの日に地震発生。ユリの出し物は終わっていたものの、卒業式は途中で中断。





ユリが大好きなTeacher Darren。それはそれはお世話になりました。ベイエリア出身なこともあって、いつも話題が尽きませんでした。





地震後2日目。アメリカに帰る前の日だったので、おみやげなどを買いに二子玉川へ。高島屋がまだ開いてなかったので、スタバに寄って、高島屋の7階の公園のような所で時間を潰す。



3月14日に渡米。帰りはユナイテッド。ユナイテッドの国際線は乗る度に『一生乗るまい』と思うのですが、今回は信じられないくらい古い飛行機で帰りました。空席があるのにboeing 747。会社がつぶれるはずです。そして成田空港!羽田を利用してからは、この空港の存在価値がわからない。特に第一ターミナルは不便極まりないです。よっぽどのことがない限り、成田空港の利用は避けたいと思いました。



このエントリーを書きながら、意外と写真を撮ってなかったことに気付きました。次に日本に行くのはいつかな?秋頃を予定してるけど、こちらの家探しの状況などを考えてプランを立てたいと思います。
2011.01.17 オレゴンへ
祝日(Martin Luther King Jr. Day)を含む3連休だったので、主人の実家のあるオレゴン州ユージーンという所へ行ってきました。ちなみにものすごい量のユナイテッドのマイルが貯まっていたので、3人分の往復航空券の合計金額は15ドル(1200円ちょっと)でした。





サンフランシスコ空港にて。今日は朝5時起きです。最近このポーズがお気に入り。どこで覚えたのかな...





Home of the Ducks。この町にあるオレゴン大学のマスコット、アヒル。





ナナ(グランマのこと)とグランパの家に着きました。早速、スナックをいただきます。





グランパはラッテを作ってます。主人は私達のFavouriteである、サンフランシスコノースビーチのMolinariのサラミを切ってます。





ランチは外食。The Supreme Bean Coffee Co.にて、クレープをいただきました。





少し遅めのクリスマスプレゼント。様々なおもちゃに大量の絵本(重さにして22キロ)を貰いました。





今日はグランパとお風呂に入りました。グランパ&ナナに寝る前の絵本を読んでもらいます。これで12冊目。この後すぐに寝てしまいました。





ナナの手作りのジンジャークッキー。大きいのにぺろりと食べてしまいました。





こんなお人形のお城ももらいました。





大学時代の友達一家と10年ぶりに会いました。子供達は何と1ヶ月違いの同級生。





左が主人のお母さんの小さい頃。ユリに似てます。





グランパとプリンセスごっこ。グランパは『プリンスチャーミング』らしいです。





Zenonでブランチ。私は大学時代、このレストランにしょっちゅう行ってました。





パンナコッタ美味しい~。
10月21日はユリの3歳の誕生日。今年は私の両親も含めた計5人で東京ディズニーランド/シー(主に前者)に行ってきました。今回は2泊3日の日程です。行き帰りは自家用車利用です。行きは1時間強、帰りは50分程度しかかかりませんでした。

ユリは今、大のプリンセスモード。ユリの言うプリンセスとは白雪姫、シンデレラ、アリエル(人魚姫)、ベル(美女と野獣)、オーロラ(眠れる森の美女)、ジャスミン(アラジン)の6人。1回も映画など見せたことはないのに、なぜかプリンセス好きになり名前も覚えてしまってました。ディズニーランド出発前から『今日はプリンセスのおうちに行くんだよ~。いいでしょう。』と興奮状態でした。実際に園に入ってシンデレラ城を見た時のユリの興奮度は想像出来ると思います。

詳しい日程は書かないのですが、いつものレビューと写真で振り返ってみたいと思います。

・宿泊先:東京ディズニーランドホテル(星5が最高)
私達はパークが見えるお部屋でした。夜の花火も部屋からも見ることが出来ました。ダブルベッド2つとアルコーヴベッドのあるお部屋。ユリはアルコーヴベッドで寝ました。子供用のパジャマや歯ブラシ&歯磨き粉もくれます。ホテルゲスト専用の駐車場が地下にあって、エレベーターで直接ロビーに上がることが出来ます。このホテルはディズニーランドのエントランスの目の前にあります。ディズニーホテルに泊まると、他の客よりも15分早くディズニーランドに入園することが出来ます。女の子のいる家族はホテル内にある『ビビディ・バビディ・ブティック』がおすすめ。好きなプリンセスに仕上げてくれるそう。ホテルはアメリカのホテルのように天井が高くて広いのに、日本のホテルのようにアメニティが充実してます。とにかく清潔。朝食はホテル内の『シャーウッドガーデン』でのビュッフェ。次回もここに泊まりたいです。

・乗り物&アトラクション(カッコ内は乗った人):
ユリの乗ったものは、彼女の好き嫌い等も書いておきます。
ディズニーランド
スプラッシュ・マウンテン(私達夫婦、両親)
ビッグサンダー・マウンテン(私達夫婦、両親)
カリブの海賊(全員):ユリには不評。
ウェスタンリバー鉄道(全員):2回乗りました。ユリは最後の恐竜が好きだったよう。
ピーターパン空の旅(ユリ、主人):ロンドンのシーンが出るので大好評。
ピノキオの冒険旅行(全員):それなりに楽しんだ模様。
空飛ぶダンボ(ユリ、主人):大好評。
キャッスルカルーセル(ユリ、私の父):まあまあ。メリーゴーランド自体に飽きてる!?
ホーンテッドマンション(私達夫婦、両親)
イッツ・ア・スモールワールド(全員):大好評。もう1度行こうと思ったら、メンテナンスで11月まで開かないそう。
アリスのティーパーティー(ユリ、主人):大好評。
プーさんのハニーハント(全員):2回乗る。1回目は大泣き。2回目は泣かずに楽しんだよう。
ロジャーラビットのカートウーンスピン(全員):大泣き。
モンスターズ・インク ライド&ゴーシーク(全員):大好評。
スターツアーズ(私達夫婦、両親)
スペース・マウンテン(両親)
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(全員):大好評で2回乗る。

ディズニーシー
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(全員):大好評でもう1度乗るとせがまれるが、ラインが長かったので行けず。
キャラバンカルーセル(全員):皆で乗ったので、それなりに楽しんだよう。
アリエルのグリーティングロット(ユリ):大好評だったのは言うまでもありません。
ジャンピン・ジェリーフィッシュ(ユリ、私の母)

私達はオンラインからパッケージで申し込んだので、ファストパスが合計で12枚ありました。これをうまく使ったり、開園15分前にうまく並ばずに入れたりしたので、乗り物はあまり待ち時間無しで乗ることが出来ました。ディズニーシーは2日目の午後に行ったのですが、私達夫婦と両親は歩き回って疲れてしまったので、半分も見ることが出来なかったです。それと白雪姫のアトラクションは、『怖い魔女がたくさん出ますよ~』と言われてしまったので、ユリが『じゃあ乗らない!』と言い張り乗らなかったです。意外だったのは、プーさんのアトラクションで大泣きしたこと。暗くなって乗り物がいろんな方向に動くのが嫌だったみたい。2回目は実際にプーさんに会った後だったので楽しめたよう。カリブの海賊も連れて行ったけれど、昔から随分様変わりしていて、映画そのもののリアルな人形達がいっぱい。泣くのをこらえていたから、やはり怖かったようでした。子連れで行くなら、ファストパスおすすめです。私達のは時間指定が無かったので、とにかく便利でした~。


これからディズニーランドに向かいます。


親はすごい人の数に少し辟易してましたが、ユリは大興奮!


ちょうどパレードが始まりました。今でも家で『ハロウィーン、ハロウィーン』とこの時の歌を歌ってます。


おじいちゃん&おばあちゃんと。


ダンボ


この食べ物(パイみたいなもの)がお気に入りでした。




どこで覚えたのか、こんなポーズをとります。




憧れでのシンデレラと。ユリが『Can I take a picture with you?』と聞いたので、その後も英語で名前を聞かれたり、またフェアリーゴッドマザー(左の人)も一緒に皆で撮りましょうだとか、また会いましょうねなど(全部英語)他の子達よりもかなり多くの時間を取ってもらえました。


アリエル。ここでも上に同じ。英語でいろいろと会話が出来ました。


ミッキー。


ミニー。


おばあちゃんに買ってもらったドレス。眠れる森の美女のオーロラ姫のドレス。


プリンセスの表情らしいです。




初日から欲しがっていたプリンセスバルーン。やっと最終日に買ってもらえました。


今回は特にディズニーランドを中心に行ったので、次回はシーを中心に行動したいなと思います。ユリは今日も『次はいつディズニーランドに行くの?』と主人に聞いてました。この後も増々プリンセス好きになってます。
2010.09.13 箱根旅行
日曜日から1泊2日で箱根旅行に行ってきました。主人と私の誕生日が近いということもあって、お互いプレゼントは無しにした代わりの旅行でした。最近は旅行と言えば、長期で海外に行くことが多かったし、車での旅行というのは何だか新鮮でした。箱根は今回で3回目。前回と前々回はロマンスカーで箱根入りし、箱根登山鉄道での移動でした。実は私は後者で乗り物酔いしていたので、電車であまり行きたくなかったのでした。

朝は8時に出発。行きにスタバに寄り(アメリカ時代を思い出します)コーヒー(ユリはミルク)を飲みながら優雅にドライブを楽しみました。最初の目的地は『ユネッサン』。プール好きのユリが楽しめるかなと思い予定に入れました。ここは9時オープンで、私達が着いたのは10時頃。日曜なので人が少なめかなと思ったら大間違いでした。前日からここや周辺ホテルに泊まっている客が朝から来ていて、それに加えて私達のようなデイユースの客も来ていたので、プールも(水着で入れる)お風呂も芋洗い状態。とにかく人、人、人!私のプチ潔癖性もあって、何だか期待を裏切られた感じでした。おまけにユリはワイン風呂以外は『熱い』だの『怖い』だの言うので、ユリが唯一お気に入りだった洞窟の中のプールでほぼ4時間過ごしました。子供用のプールもあったけど、『小学生禁止』と書かれてるにも関わらず、小学生3人がボールの投げ合いをしていたので、ユリや幼児の遊べるスペースが無かったです。あとは温泉の中でアイスクリームを食べている人がたくさん。潔癖性の私は卒倒しそうでした。
多分、ここには当分行かないと思います。

14時半頃に『ユネッサン』を出て、強羅駅の近くの『櫻休庵』という小さな旅館に向かいました。ここは部屋数が10室しかないこじんまりとした旅館だけれど、一つ一つの部屋に100%源泉掛け流しの露天風呂が付いています。もちろん普通の大風呂(これも100%源泉掛け流し)もありますが、なんせ最大10組しか宿泊出来ないので、ここが混むことはないのです。着いてすぐにわらびもちとお茶のサービス。ユリは子供用の浴衣とおもちゃをもらいました。この後に早速お風呂に行きます。私はユリを連れて女風呂に行きました。ユリにはお湯の温度が熱かったようでしたが、誰もいないお風呂で、洗面器にお湯を入れて遊んだりしてました。ディナーは部屋食。ここは食事が美味しいと評判の旅館。確かに美味しかったし、旅館食でありがちな塩辛さやボリュームの多さがなくて、適度な量と味付け加減が良かったです。家族全員ユネッサン&温泉で体力を使い果たしたので、20時頃に就寝でした。


部屋から見える景色。


プリンセスにはまっているユリにぴったりのおもちゃをいただきました。

翌朝、私は3時半に起床。ユリも主人も寝ていましたが、私は全く眠れず。部屋にある露天風呂に入ったり出たりを2時間程繰り返してました。途中夜明けを眺めながらの入浴は最高でした。ユリと主人は6時半に起床。2人で露天風呂に入りました。8時半に朝食。普段はコーヒー一杯とかそれにパン少々しか食べない私達夫婦は、朝から塩分の多い和食を食べるのが好きではないのですが、ここの食事は薄味で不思議とたくさん食べられました。

旅館を10時頃に出発し、『箱根彫刻の森美術館』という場所に向かいました。ここは子連れにおすすめです。こんな感じの場所です:


























ミッフィーのinteractive museumもありました。



ユリはここのネットの森が大のお気に入りに。ユリより大きな子が怖がって入らなかったりしていたのですが、ユリは1人で上に上に上って行ってました。多分、1日ここで過ごせるんじゃないかしら?ここは子供が遊べる場所がたくさんあるし、大人はアートを楽しんだり、足湯でまったりしたり出来ます。

彫刻の森美術館をお昼過ぎに出て、帰りは『御殿場プレミアムアウトレット』に寄って帰りました。ここでは主人の服数枚、ミキハウスとプチバトーでユリの服を買って帰りました。子供服はブティックで買うよりもかなりお安くなっていました。近くにあればいいのに~。

帰りは御殿場ICから東名で横浜に帰ってきました。途中ユリがトイレというので、噂の海老名SAに寄ってみました。とにかく巨大なSAで、すごい人の量でした。サービスエリアを見て回るのも何だかな~と思い、トイレを済ませ、アイスクリームだけ買ってSAを出ました。

今度箱根に行く時は、『星の王子さまミュージアム』やケーブルカーで『大湧谷』とか行ってみたいなと思いましたが、今回はそれなりに充実した旅行になりました。車での国内旅行も何だか良いものですね~。
写真でロンドン旅行を振り返ってみたいと思います。400枚以上も写真があるのと、私も主人も建物とか風景だけの写真を撮らない主義(インターネットとか本とかに載ってるし)なので、ユリが載ってる写真ばかりです。


JALで行ってきます(キッズルームでパチリ)。


時差ぼけで深夜に起きてテレビを付けてみたら、番組がやってないチャンネルで人の寝ている映像がただひたすら流れてました。Liveって書いてるから、時々動くのが怖い。


近くのVictoria Stationで。


ユリのお気に入りのwicked witchとglinda(オズの魔法使いより)。


上と同じく、夜にしかやってないチャンネルもありました。


バッキンガム宮殿


ビッグベン


ウエストミンスター寺院


ロンドンアイ(大きな観覧車)の中




ロンドンで有名なおもちゃ屋さんHamley's。約25万円の木馬。


The Pie Manというお店でランチ。ここのパイは美味しかったです。




グリーンパーク


ヨーマン・ウオーダー(ビーフィーター)の格好のくまさん


ロンドン塔


タワーブリッジ


リージェンツパーク


最近はサウンドオブミュージックが好きで、尼さんが大好きな娘。


これからブライトンへ向かいます。


砂ではなくて全部石のビーチ。




St James's Parkの子供の遊び場。何も予定を入れてない日はここによく来てました。


ハイドパーク


すごい木でしょう。ユリは左端にいます。


とにかく広いハイドパーク。


欧米人らしく芝生に寝そべってます。


高級住宅街メイフェア。


ホテルでの朝食。ちなみに注文したのはオムレツなのですが、ここに写ってるのは前菜(?)のようなもの。


Hamley'sでランチ。ジャンクフードですね。。。




ホテルから頂いた象の形の石けんとあひるのおもちゃ。


電車で湖水地方へ向かいます。一等席は食事も飲み物も無料です。


ホテルに着いて、早速アフタヌーンティーをいただきました。


湖が目の前です。


ホテル横のレイクサイド駅から蒸気機関車の駅もあります。


子供用のコースメニューもあります。


フェリーでレイクサイドからボウネスの町へ向かいます。


お目当てはピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの美術館です。


ポター女史


ユリのお気に入りのシーン。


帰りのフェリーで早速本を読んでもらいます。


私達の泊まったレイクサイドホテル。


上の蒸気機関車に乗りました。


ホテルのプール。


ホテルでディナー。ユリもコースメニューを食べました。これはフィッシュ&チップス。


ホテルの前。空気がきれいだし、四方八方どこを見ても絵になります。


あひるに餌やり。


Nando'sでディナー。最近、こうやって写真を撮る時にポーズします。何でだろう。


Zzz...


大英博物館。


ユリが『おとうさん』と呼ぶモアイ。


写真のは違いますが、クレオパトラのミイラも見ました。


トラファルガースクエア


名画がたくさん、ナショナルギャラリー。


ダイアナ妃メモリアルファウンテン in ハイドパーク


ダイアナ妃が住んでいたケンジントン宮殿


ハロッズのおもちゃ売り場。個人的にハムリーズよりおすすめ。


最終日はお散歩Day。St James's Parkのシーソー。


こういうブランコも足をうまくつかってこげるようになりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。