上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.09 2歳7ヶ月
何だかいつの間にか2歳7ヶ月になっていて、成長記録も全然アップしてなかったです。

アメリカから帰ってきてからの大きな変化といえば、家でしゃべる言語。うちの主人はユリがいる時はいつも英語なのですが、ユリはお父さんに日本語で言っても理解してくれるのをわかっていて、渡米前は日本語の割合が多かったのです。アメリカにいる間は主人の家族が来ていた事もあったのと、私が英語も理解すると言う事がわかって、日本に帰ってからも家で英語の方が多くなりました。岡山に帰った時も、私の両親には日本語でしゃべるのに私には英語だったり。前と逆転してます。スクールでも、先生には英語ばかり使うそう。でも友達には日本語らしい。誰が何を理解しているというのを考えて話す言語を選んでるよう。

言語面:

日本語

・説明や言い訳が上手。例:『このスープ、ちょっと熱いんじゃない?』『いす(ハイチェア)もうちょっと前に押してくれない?』『あかちゃん(人形)今寝てるから、触らないでね(または、静かにしてね)。』『ゆりちゃん、~したかったのに~。』『ちょっと待っててね。今、ゆりちゃん~してくるからね。』『昨日はおばあちゃんとお風呂入ったから、今日はおじいちゃんと入るからね。』『ゆりちゃんはおねえちゃんなんだよ。もうあかちゃんじゃないの。』




英語

・『Yuri is going to watch TV now』『I don't like it』『It's daytime (nighttime). Wake up.』『It's too sunny. It's too bright.』『Daddy is going to work.』『See you later』『Yuri is busy right now(一番よく使っている)』『I am going to the bathroom』『Sit down right here』『Let's read a book』『This is better』『Yuri is tall. Daddy is tall too』『How about this one?』『What!?』『Let's share』『My hair is long. Yours is short.』『This is my stuff.』『This is too hard』『Drive carefully OK (all right)?』『~ is hiding in there』など。
・ユリの好きなDVDからいろんなフレーズを覚えてしょっちゅう使っている。例えば:
 オズの魔法使い:『There is no place like home』『I'll get you my pretty and your little dog too』『wicked witch the east crashed under the house』『lions and tigers and bears oh my』
Dr. Seuss: 『cat, hat,in French chat, chapeau, in Spanish el gato in a sombrero』『I am lorax. I speak for the trees』
・サウンドオブミュージックの中に使われてる歌(ドレミの歌、エーデルワイスなど)ほぼ完璧に歌える。お気に入りは子供達がパーティーのゲストに階段の所で歌う曲が好き。自分が一番下の子だと思っているので、実家の階段では同じように歌いながら2階に上がっていた。
・上の関連で、サウンドオブミュージックの中で、ジュリー・アンドリュースが『When you know the notes to sing...』と歌う場面の、『know』の発音がジュリー・アンドリュースそっくり。主人(アメリカ英語)とは少し違う。
・yesterday, today, tomorrowの違いがわかる。
・曜日も順番がわかっている。
・自分の名前のスペルを言える。


生活面:

・トイレトレーニングは100%終了。夜もおむつ無し。親も忘れるほど、心配する必要がなくなった。
ものすごい楽~。
・お昼寝は1~2時間。お昼寝をしない日は18時頃に就寝。朝7時頃まで寝ている。
・自分のベッドで1人で寝ている。


食生活:

・野菜は相変わらず何かに混ぜてないと食べないけど、最近はレタスやらキュウリやらドレッシングがかかっていると食べる。
・牛乳が大好き。

学習面:

・何かをなぞるというのが上手になってきた。
・塗り絵も細かく手を動かして塗る方が綺麗に塗れる事がわかってきた。
・人を描く時は、きちんと体や手足も描く割合が増えた。

その他:


・Maurice Sendakの本(Chicken Soup with Rice, Alligators All Around, One Was Johnny, Pierre, Where the Wild Things Are, In the Night Kitchen)が大好きで、特に最初の4冊は必ず毎日読んでいる。
・日本語は標準語で話すので、岡山弁がわからない。実家に帰った際に、私の母が『~しとる(している)ね』と話したところ、ユリは『しとる?』と??な表情。
・最近好きな曲。しょっちゅう歌っている。主人の両親の影響。




お絵描き中


岡山にて
先週の金曜日に横浜に戻ってきました。朝の起床時間が早いという時差ぼけはありますが、アメリカに着く場合の怠さのある時差ぼけではないので、ほぼ普通通りの生活に戻ってます。

さてさて話は変わりますが、生まれてから一度も切っていないユリの髪の毛を切りに、二子玉川のzusso kidsという子供専用の美容院に行ってきました。元々ユリの髪質が柔らかく絡みやすいのですが、最近は毛先が絡まってしょうがなかったので、今回は髪の毛の長さをあまり変えずに毛先を主に切ってもらいにいきました。最後の最後まで前髪を切ろうか悩んだのですが、とりあえず七五三までは切らないことにしました。最寄り駅の近くにも子供専用の美容院があるのですが、ユリの幼なじみのノアちゃん&Mちゃんもここ(店舗は違うけど)を利用していて良さをわかっていたので、今回はzusso kidsを利用しました。

最初はシャンプー&リンス。シャンプー台に寝転んで髪の毛を洗ってもらいます。美容師のおねえさんも慣れたもので、あまりシャワーが好きでないユリも何だか嬉しそう。おねえさんと会話を楽しんでました。





次は赤の車になった椅子(?)に座りカット開始。好きなDVDを見せてもらえます。ユリは隣りの子が見ていた”いないいないばあ”をリクエスト。





美容師さんも慣れたもので、あっという間にカットとブロー終了。これで終わりかと思っていたら、美容師さんがユリに”髪の毛結んで帰る?”と聞かれていて、ユリも”結んで帰る”と答えていたので、私達が髪型の最終チェックをしてから、美容師さんがユリの髪を結い始めました。それでこんな髪型に...。





終わるとヤクルトがもらえます。まったく泣かずに美容院デビューを果たしました。
お値段3990円也。高いのか安いのか(安くはないか)不明ですが、楽しんでもらえたようで何よりです。

この後は私が眠たくなってしまったので、スターバックスへ。数分前にヤクルトを飲んだのに、最近大好きな牛乳を飲むユリでした。この後は少しウィンドーショッピングをして帰りました。行きや帰りの電車でもお利口さんに静かに座っていてくれたし、駅ー家の徒歩10分程度の距離も一緒に手を繋いで帰りました。何だか外出が一気に楽になった感じです。ちなみに家を出る際に、”ユリちゃん、ベビーカー乗る?”と聞いたのですが、ユリに”ユリちゃんはおねえさんだから乗らない。ベビーカーはベビーが乗るんでしょ。”と言われてしまいました。ベビーカー、半年以上使ってないし、もう必要なさそうです...。

日本では三輪車を愛用しているユリですが、主人の両親から素敵なプレゼントが届きました。

それがコレ:



これは2歳から乗れるペダル無しの自転車です。New York Timesのレビューで一番良かったみたいです。

補助輪を付けて練習する方法が一般的ですが、ここ最近はこのペダル無しの自転車の方が人気のよう。理由は一番大切だけど難しい”バランス感覚”を養うことが出来るからみたいです。よく行く公園でもいつも2~3台見ます。最初は自転車に乗って歩くというのから始めて、そのうち地面を蹴って足を浮かせるようになっていくようです。近くの公園で会ったロシア人のママさんによると、彼女の子供(2歳6ヶ月)も2週間程で足を浮かせてもバランスがとれるようになったみたいです。



主人と友達の旦那さんBrettと自転車練習。ヘルメットはピンク依存症のユリのチョイスです。
2010.05.04 ユリの絵
つい最近まで人を描く時は顔だけだったのですが、最近は全身を描くようになりました。

最近の作品はこれ:



ちゃんと手も脚もあります。
2010.04.29 卒業..?
先週からいきなり『トイレ』と教えてくれるようになって、一気におむつ卒業が近づいてきました。私はとても面倒くさがりなので、『2歳の夏に短期間でやってしまおう』と勝手に決めて、お風呂前とユリがトイレに行ってみたいと自発的に言う時以外は、特にトイレに誘うでもなく、何もしてなかったのです。ベビーザラスのセールで購入しておいたキティちゃんのパンツや、主人のお母さんが購入してくれたMini Bodenの下着を発見して以来、パンツの存在が気になるようになりました。試しにはかせてみたら何度か失敗したのですが、お気に入りのパンツなので、それを汚したくないと思ったのかな?何で突然出来るようになったかわかりませんが、超短期間で大進歩です!

おむつ完全卒業が近いと思う根拠なのですが、

・自発的に『トイレ』と教えてくれ、トイレに行く。もちろんいつも成功。主人も私も外出する時の前以外は全く誘わない。

・うんちの時も『トイレ』と教えてくれ、補助便座に座ると『おしりがいたいの』とうんちを教えてくれる。先週からいつもトイレでやってくれる。

・夜寝ている間はやはりおむつをつけているんだけど、夜中にも『トイレ』と起きてトイレでおしっこをする。寝起きの第一声もそれになった。夜通しで寝る娘だったので、夜中に泣かずに起きるのには驚きました。

・外出時(長期の場合)もまだ怖いのでおむつをつけて出るんだけど、やはり『トイレ』と教えてくれる。トイレがある時は必ずしてくれる。


ちなみに家では補助便座を使っているのですが、外出先ではキッズ用のトイレが無ければ、大人用のに普通にまたがってやってもらってます。もちろん私が支えていて、ユリは『落ちるから持っていてね!』と言いながらおしっこをしてくれます。

まだトイレトレーニング完了宣言が出来ないのは、私がまだ外出時と夜に普通のパンツで寝てもらう勇気がないのです。今週末に一応『防水シーツ』でも買っておこうかと思います。ユリは普通のベッドで寝てるので、マットレスが濡れてしまうと大変なことになるので。

今ふと思ったのですが、長時間のフライトでのトイレの行き来は大変そうだな~と思うのですが、今回はユリの為に頑張ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。