上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機での移動って大人でも疲れますが、小さい子供がいると疲れのレベルが相当なものになります。ここで11時間近くの飛行時間をどのように過ごしたかを書き出したいと思います。

飛んだのはサンフランシスコ空港から成田。いつもはサンフランシスコから関西空港に行くのですが、ユナイテッドしか飛んでおらず、今回はサービスが良いとされる日系(JAL)を使いたかったので、サンフランシスコから成田に行く事にしました。これが大正解!なぜなら:
 ・バルクヘッドの席を用意してくれていた。
 ・ファーストクラスのお客さんより先に飛行機に入れてくれる。
 ・温かい離乳食を都合のいい時に用意してくれる。
 ・おむつ(Genki!)を4枚用意してくれている。必要があればもっとくれる。
 ・スナック(バナナ、赤ちゃん用クッキー、アップルソース、ブリオッシュ)をくれる。
 ・おもちゃもくれる。
 ・熱湯でカップやスプーンなどの使用した物を洗ってくれる。
 ・フライトアテンダントが何度も何度もチェックしにきてくれる。
 ・とにかく至れり尽くせりのサービス。
 
フライトアテンダントさんはユリの事をそれはそれは可愛がってくれ、抱っこしてくれたりあやしてくれたりしてくれました。何か必要な事がないかチェックしに来てくれたり、お水やブランケットも余分にくれたり、細かい所までの気配りがすごかったです。今回はクリスがいましたが、いなくても大丈夫と思わせるくらいのレベル。

おむつは4枚もらって、ちょうど全部使い切りました。必要があればもっとくれるらしいので、おむつを余分に何枚も持って行く必要はないです。

では覚えてる範囲で11時間の飛行時間をどう過ごしたか書きたいと思います。時間はアメリカ時間。

12:50pm 搭乗(早めの搭乗。スナックやおむつをくれる。)
1:20pm  サンフランシスコ発(めずらしくオンタイム出発!)
1:45pm-2:15pm 離乳食 (メニューはハヤシライスの様な物、パン、アップルソース)
3:00pm-4:00pm 授乳+睡眠 (なぜか興奮していて寝れず、でも眠たいのでかなり愚図ってきたので、仕方なく授乳。そのまま寝てしまう。抱っこのまま。)
4:00pm ミルク180ml(寝ている間に汗びっしょりになっていたので、水分補給もかねて。)
7:00pm-7:30pm 離乳食(この離乳食は日本のキューピーのレトルト)
10:00pm-12:00am 授乳+睡眠(また前と同じパターン。眠いのに寝ない&愚図り始めるので、授乳後にそのまま寝てしまう。)
12:20am 成田着

時間をつぶす為にやった事:
持ち込みできるサイズのスーツケースにユリの好きな本数冊、おもちゃ数個、おやつなどをつめ込んでいた。JALは高度が安定したら床に物を置いていても(バルクヘッドだったから?)何も言われなかったので、このスーツケースを前に置いて必要な物をすぐに取り出せるようにした。私達の足置きにもなって便利だった。

ユリの好きなオズの魔法使いのDVDをラップトップに入れておき、4回くらいはマンチキンのシーンを見せた。合計で1時間はこれで乗り切った。JALはエコノミーでもコンセントが付いているので、ものすごく助かった。

ユリは動き回りたかったようだが、スペースがないし危ないので歩き回らせる事はあまりしなかった。それでも踊り場の所には何度も行った。

飛行機の中だと寝付いてくれるのに時間がかかったけれど、ユリが悲鳴をあげたりする事を想像していたので、それよりはマシだった。それでもいつ奇声をあげたり大泣きしだすかヒヤヒヤしていたので精神的に疲れた。とにかくどうやってユリのご機嫌を損ねないようにしようか常に考えていなければならない状態だった。

カーシートを持って行ったんだけど、結局その中では寝ず。でもどうしても両手が必要な時などにユリを入れておけたので、持って行った価値はあったかな。

温かい離乳食は出るけれど2回しか出ないので、レトルトか何かで離乳食を持ち込んでいっていて良かった。

続く。






Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/99-0cae2e1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。