上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ベビーシャワーを開いてあげたRoxanneに待望の男の子が生まれました。10月16日午前5時17分に生まれ、49cm、3400gの元気な赤ちゃんでした。産む際には赤ちゃんが正常な位置ではなくて180度反対方向を向いている状態(英語ではback laborという)で、ものすごい痛みが背中にあったそうです。もちろん陣痛や赤ちゃんを押し出す時の痛みなど全てに加えて背中の痛み。それなのにアメリカで主流な無痛分娩を選ばなかったRoxanne。6時間のスピード出産でした。でも早く赤ちゃんが出過ぎた為に会陰裂傷になったらしく、産後も痛みが取れないとの事でした。

そんな中、Roxanneは電話をくれて『会いに来て』とのこと。早速Mills-Peninsula Hospitalに行って来ました。Roxanneはいつもの明るい笑顔で迎えてくれましたが、ベッドからは出られず。動くのもままならない状態。

Roxanneはブロンド&青い目の白人なのですが、旦那さんは中国系アメリカ人。赤ちゃんはどちらにも似ているとっても可愛い男の子で、私達がいる間は熟睡中でした。

帰りの車の中でいつの間にか涙が溢れてきました。自分が一年前にユリを産んだ時の事が思い出したからです。あの時の感動が昨日の事の様に思い出されました。それと同時に健康ですくすくと育ってくれているユリに恵まれた自分がとても幸せに感じました。

Roxanneとは2003年の8月に同じ学校に新米教師として赴任して以来の友達。これからは今までの様には会えなくなるけれど、お互い末永く友達でいようと約束して病院を出ました。

Eric Jr(EricはRoxanneの旦那さんの名前。まだ名前がないので。)、おばちゃんは日本からあなたの成長を見守ってるからね!








Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/97-c1f9df35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。