上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩19:30に寝た優莉ですが、22:00頃に泣き始めました。寝る前にあまりおっぱいを飲まなかったので、授乳をする事にしました。でも飲みながら私の方をチラチラと見ながで、明らかに飲み終わったにも関わらず、おっぱいを離そうとしませんでした。無理矢理に授乳を終え、夫がげっぷをさせました。

クリブに置くと例のごとく泣き始めた優莉。寝るのに15分程かかりました。

そして3:30。また優莉が泣き始めたのです。この時点で『泣かせるネントレ』をやめようと思いました。なぜなら夜通しで寝てくれるという言葉を信じ、泣かせて寝かせいるにも関わらず、夜中に起きてきているからです。毎回起きる度に泣かせながら寝させなければならないのか、と考えると心が滅入る思いでした。今回は寝るのに10分程かかりました。

そして5:00。またしても優莉が起きたのです。モニターで見ると泣いたり泣き止んだりを繰り返していました。大泣きし始めたら部屋に入ろうとしましたが、結局10分後に寝ました。

8:00、起床。優莉の機嫌は上々でしたが、私と夫は充分な睡眠をとったにも関わらず気分が優れませんでした。『泣かせるネントレ』をやった人の話では、今日から5分も経たずに眠りに落ちてくれるとの事。

午前中のお昼寝です。20分かかりました。午後のお昼寝はなんと40分もかかりました。もうこの時点で『泣かせるネントレ』を信じてはいませんでした。

今晩は私が本を読む番だったので、『てぶくろ』と『てんぐのてうちわ』を読みました。優莉は笑顔でご機嫌だったのですが、『はい、じゃあもうネンネしようね~』と言った瞬間泣きそうな顔になったのです。そして夫が『Good night, sweetie.』と言うと、これから起こる事を察したのか泣き始めました。夫は躊躇いながら優莉をクリブに置きました。私も涙を流しながら部屋をでました。

出た後に優莉は初夜と変わらず泣き続けていました。モニターで見るとずりばいでクリブ内をぐるぐると周り、誰かに助けを求めているように見えました。夫と私は同時に立ち上がって優莉の部屋に向かっていました。私は優莉を抱き上げ、強く抱きしめていました。優莉はすぐに泣き止み、足をバタバタさせて喜んでいました。

その後私達のベッドに連れて行き添い寝で寝かせました。安心したのか私にぴったりとくっついて、すぐに眠りに落ちていきました。19:30の事です。

『泣かせるネントレ』を二日間半やり、結局それ以上する事はできませんでした。本によると1週間はやる必要があるとの事。優莉が寝ても全く嬉しい気分になれなかった私達夫婦。この方法が間違っていると心のどこかで思っていたのです。赤ちゃんと別々に寝る事も、自分達にはまだ早いとも思っていたから、夫婦で情緒不安定になっていたのです。

今晩からまた三人で『川の字』でベッドで寝る事にし、落ちる心配が無いようにベッドの横に取り付けられるガードを早速Amazonで購入。添い乳だけはやめようと決め、寝かしつけのテクニックは、私達夫婦が信じるSears博士の『The Baby Sleep Book』から学ぶ事にしました。

『泣かせるネントレ』を止めてまだ2時間ほどしか経ってませんが、気分がスッキリしました。どこかで『feel guilty』だったんですね。ネントレでも何でも、自分が正しいと思った事をやるべきなんだなと今回の事で思い知らされました。

これから優莉が夜中に起きても苦痛には思わなくなるでしょう。それから今晩からぐっすりと眠れそうな気がします。
Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/36-f5e0c3a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。