上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロレーナのお母さん、マーシャからのお誘いで、WoodsideにあるHuddart Parkへエッグハント&ピクニックに行ってきました。この日はあいにくの曇り。でも3歳半にして今回がユリにとっての初めてのエッグハントなので、親子共々楽しみにしていました。



開始は12時半。マーシャと旦那さんのセバスチャンが前もってエッグを隠しておいてくれました。ユリは最初コンセプトがわからず、バスケットの代わりのバケツに土を入れたり、たんぽぽを摘んだりしていたのですが、やっといろんな場所にエッグが隠されていることがわかり、他の子供達と楽しそうにエッグハントを始めました。











エッグをたくさん取ったので、小さい子にも親切に分けてあげることができました。中にチョコレートやおもちゃが入ってることもわかったので、さらに楽しんでいました。



子供達のエッグハントが終わった後はピクニック。みんなで食べ物&飲み物を持ち寄りです。このピクニックに来ていた人は、ロシア人のマーシャを始めとするロシア人3人、ギリシャ人1人、アイルランド人1人、ドイツ人1人、インド人2人、日本人1人(私)と多国籍なグループ。それに私の主人とマーシャの旦那さんのアメリカ人2人。マーシャの旦那さんはLAで育ったけれど、ご両親はスペインからの移民、そしてスペインで長い間暮らしていたことがあるし、曾祖父母の代にアメリカに移民としてやってきた先祖を持つ主人は日本に精通してる... ということで、多国籍&マルチカルチャーなこのグループの居心地の良かったことと言ったら...。説明しにくいけれどアメリカ人(しかも海外といえばメキシコやカナダしか行ったことのない人達)のグループとは違って、みんな様々な国に行ったこともあるし、それぞれ英語にもアクセントがあるし。皆アメリカ歴も短いけれど、逆にそんなことを気にして話す必要もなくて、とにかく楽しかったの一言。





16時過ぎにピクニック終了。この日は帰りの車で少し寝たものの、外遊びを4時間近くやったのもあって、18時半頃には就寝。この晩にマーシャからメールが。たくさんの写真と共に送られて来たメールに『みんなユリがとても可愛くて優しい女の子と言っていたわ。ロレーナもユリと遊んで本当に楽しかったと言っていたし、ユリみたいな素晴らしい子供を生んでくれてありがとう。』と。こんなこと友達に言われることって滅多にないので、とても感動しちゃいました。本当に良いイースターの日を過ごせました。
Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/318-e18b6db9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。