上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
• 7日目:
今日は朝から歩いて近くのバッキンガム宮殿とその隣りのSt. James Parkへ散歩に行ってきました。散歩の途中に馬に乗った警察と衛兵の人を見ることが出来ました。交代式の用意をしているようでした。あまり人がいなかったので、アヒルや白鳥を見たり、ポピーの花を見たり、芝生の上を走ってみたり、時間を気にせずにお散歩を楽しみました。

衛兵交代式の始まる11時半が近づいてくると一気に人が増えてきたのと、ユリがホテルに帰ると言うので(眠い合図)パークを後にしました。途中で大きなMarks&Spencerを見つけたので、ここでパスタサラダと飲み物を買って帰りました。部屋でランチを食べたのですが、ハウスキーピングがまだだったので、ユリをベビーカーに入れて再びお散歩に出ました。ユリはベビーカーの中で寝てしまっていたので、近くのカフェでコーヒーを飲みながら一休み。ブラブラと歩いて、3時頃にホテルに帰りました。ユリは時差ぼけの影響で夕方6時頃からまた眠いモードに入るので、4時半頃にお風呂に入れました。というのも前日7時頃にお風呂に入れた際に、あまりの眠さで普段したことのないギャン泣きをしていたのです。4時半頃だとまだ眠さは無いようで、日本にいる時のように泣くことなく入浴していました。

それと私達がホテルに帰った頃から雨が降り始めていて、ユリがお風呂を終えた夕方5時頃は外で大雨。今日は遠出しようかと思っていたけれど、やめておいて良かったです。明日からホテルの場所が変わります。

この晩の午後10時半頃に突然ホテルの火災報知器がなり始めました。私とユリは寝ていて、主人はメールをチェックしていた時です。パジャマにコートを羽織り、ホテルの外へ出なければなりませんでした。ホテルの客全員が外に避難し、消防車もかけつけました。消防署員が中を隈無くチェックする必要があったので、少なくとも30分は外にいたと思います。結局何が原因か不明なのでが、ホテル滞在中の経験としては初めてのことでした。


• 8日目:
今日はロンドンは午前中は雨でした。今は観光シーズンでどこのホテルも予約でいっぱいなのですが、どうしても泊まってみたかったホテルが空いていたので、今日から湖水地方に行く土曜日までそこに泊まることになりました。ロンドンのMayfairというエリアにある、Chesterfield Mayfairというホテルです。ロンドンらしい建築で、中は古いけれどとても豪華。ショッピングエリアのリージェントストリート、オックスフォードストリートにもすぐに行くことが出来るし、ハイドパークやグリーンパークなどの公園にも歩いて行けます。

午前中に前のホテルをチェックアウトし、荷物だけ先に預けるつもりでChesterfieldに来ました。部屋はまだ用意が出来ていなかったのですが(普通は15時チェックイン)、至急部屋を準備してくれるとのこと。外でランチを食べている間に準備をしてくれて携帯に電話をくれました。

荷物を置いてすぐに外出しようと思っていたけれど、ユリが眠たいと言うので部屋で寝かせました。午前中特になにもやってないのに、3時間のお昼寝。起きてすぐにマーブルアーチエリアにウィンドーショッピングに行き(あまりに人が多くて買い物はしなかった)、ハイドパークへお散歩に。ハイドパークはとにかく広くて、ここに4時間くらいいました。途中でベンチに座ってスナックを食べたり、ユリは芝生の上が気持ち良いのかゴロゴロ寝転んでみたり。ハイドパークの中に”ホロコーストメモリアルガーデン”というのがあって、その入口の近くに木が垂れて大きなテントのような形になった木があって、そこがユリのお気に入りの場所でした。他の子供たちと一緒に遊んでました。特にアラブ系の女の子(10歳くらい)がユリが可愛いと言って遊んでくれてました。ちなみにアラブ系のこの年代の子には、他の公園でも遊んでもらったことがあったり、話しかけられたりしたことがありました。共通してることは、その子達は下に弟や妹が数人いるということ。面倒見がいいんだろうと思います。

主人がVictoria Stationから地下鉄でHyde Park Cornerという駅まで来たので、ホロコーストメモリアルガーデンの中で待ち合わせ。一緒にホテルに歩いて帰りました。一旦荷物を置いて、ホテルの近くでディナー。ユリはホテルに帰って入浴後にすぐに寝てしまいました。


• 9日目:
ホテルのレストランで朝食。ユリはクレヨンにお絵かき帳、ホテルのロゴ入りのTシャツを着た熊のぬいぐるみまでもらいました。朝食の後に一旦部屋に帰って、ホテルの近くのハイドパークへユリと散歩に行きました。ハイドパークをずっと西へ進むとダイアナ妃が住んでいたケンジントン宮殿に出られるので、今日は頑張ってそこまで散歩に行ってみようとしました。でもユリが途中から”抱っこ”だの”トイレ”だの言うし、しまいには”ホテルに帰る”と言うのでホテルに引き返しました。ロンドンに来てから、朝食後2時間してから昼寝をするようになったので、”ホテルに帰る”とか言う時は眠い証拠なのです。

今日は主人は午前中と夜にミーティングがあるので、昼から16時頃まで休憩がありました。ホテルに帰ると主人もちょうど帰ってきていたので、ユリをベビーカーに乗せてショッピングのエリアであるリージェントストリートまで行きました。主人がカンペールの靴愛用者なのですが、日本に来てから全く買っていなくて(日本だとアメリカで買うのに比べて2~3倍するから)ロンドンではカンペールの靴を絶対に買いに行きたいとずっと言っていたのです。主人が靴を見ている間に、私もユリの靴を物色。ユリの靴は普段、主人のお母さんがカンペールやアメリカのブランドをいつも買ってくれているのですが、とても可愛いスニーカーがあったので、寝ているユリに履かせてみて購入しました。ここは2年の保証があって、履いていて不具合があったら、世界中のどこのカンペールのお店でも取り替えや返品が出来るんですよ。

この後は適当にウィンドーショッピングをし、私はお目当てのZARA Homeのお店に長時間いました。ユリがお昼寝から起きたので、おもちゃ屋のHamleysへ。私も主人も全くお腹が空いてなかったので、ユリだけHamleysのカフェでランチを食べさせました。その後はユリはお目当てのキッチンエリアや本屋、レゴ売り場などで遊んでいました。今回はパディントンの本を数冊買っただけです。

ホテルでユリは、お風呂用のラバーダックと象の形をした珍しい石鹸をもらいました。フロントの人やポーターの人にも人気で可愛がってもらっていました。イギリス英語で苦労することなく、普通に会話していたのがびっくりです。

明日から2泊3日で湖水地方への小旅行です。
Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/258-c4299c20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。