上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月にアメリカに入国した際に、グリーンカードを持っているにも関わらず、長期アメリカに住んでいないので、再入国許可証を取るように言われた事は前にもここで書きました。それで主人の会社の弁護士さんが諸手続きをしてくれているのですが、最近移民局はいろいろなゴタゴタがあったり法律が改正されたりだとかで、それぞれの手続きにどのくらいの期間を要するとかがわからなくなったそう。

この再入国許可証というのは、申し込んでから数週間で申込書が届いたという確認の手紙が移民局から届き、それからまた数週間でappointment noticeという『この日に近くの移民局に指紋採取の為に出頭しなさい』という旨の手紙が届きます。

私を担当している弁護士は、同じシチュエーションのインド人の女性の件も担当していて、彼女は私より1ヶ月くらい前に申し込みをしたらしく、弁護士は彼女の件を参考に(移民局がゴタゴタなので)私にアドバイスをくれていました。

弁護士によると、

・申し込み~受理の手紙:5~8週間
・受理の手紙~指紋採取のアポイントメント(指紋採取はアメリカでやらなければならない):2~3週間
・指紋接種~再入国許可書が届く(これは近くの大使館や領事館で出来る):2~3週間

との説明を受けていたので、当初はアメリカ滞在を延長してこの手続きを済ませてしまおうと思っていましたが、時間がかかり過ぎるし横浜での生活もあるので、日本に帰る事にしました。

マーフィーの法則とでも言うのでしょうか。帰国した日に受理の手紙が届き、指紋採取のアポイントメントnoticeはサンノゼにいる弁護士の所にアメリカ時間の6/7の午後3時に届いたそう。そしてアポイントメントの日はアメリカ時間の6/7の午後1時!!!ありえない...

結局かかった時間は:
・申し込み~受理の手紙:2週間
・受理の手紙~指紋採取のアポイントメント(指紋採取はアメリカでやらなければならない):10日ほど

弁護士がアドバイスの為に参考にしていたインド人女性は、受理の手紙が7週間以上経過した今でも届いてないそう。これは明らかに人種や出身国で長さが変わってきてる。。。私の分は速くてありがたいけれど、一貫性がないところがアメリカらしい。

ということで、指定された6/7の午後1時には行けないので、再度アポイントメントを取り直し。これも一応日にちをリクエスト出来るけど、気まぐれな移民局なので、それこそいつになるかわからないのです。最初は6月に私1人で渡米するはずだったけれど、一応8月に日にちを変更してもらえるかどうか弁護士に頼んでいるところです。6月は思ったよりもゆっくり出来そうだけど、7月はロンドン旅行もあるし、8月に渡米となると、私達のバタバタは終わりそうにないです。

Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/246-9d8cc319
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。