上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて何をいつやったかを箇条書きしたいと思います。

Day 1 (7/3, Friday):
マニラ到着。
午後にプールで遊ぶ。
車でドライブ。ローカルのバーみたいな所に伊東美咲のマキアージュの写真が使われていたのが可笑しかった。ミスドもあった。
マリアの家系の本があって、百科事典みたいになっていた。読んだらすごい家族というのがわかる。マリアのお母さんの妹(隣りに住んでいる)の旦那さんがコリソン・アキノ大統領の弟。あのマルコス&イメルダ夫婦が家に来ている写真もあった。


Day 2 (7/4, Saturday):
SM Mall of Asiaというモールへ行く。モールに入る時にセキュリティーチェックポイントがあって、バッグの中身を見せないと行けなかった(これはどこでもそうでした)。Gingersnapsというボンポワンっぽいデザインの子供服屋で服を数着購入。値段は6枚くらいで1000ペソ(2000円くらい)。安い!フィリピンはフランスブランドのJacadiの服が作られているから、そこの服も全部1/3の値段で買える。
またまたプール。
夕方にスコール。バケツの水をひっくり返したようなすごい雨と雷。

Day 3 (7/5, Sunday):
午前中に高級住宅地のマカティ市にあるRockwell Centerへ。とにかく綺麗に整備されていて、高級感漂う場所。欧米人が多数いた。ここでランチと買い物。
家に帰ってからまたプール。
夕方~22時頃までマリアの親戚一同を集めて、マリアの娘キャシーちゃんのお誕生日会。主役のキャシーよりもユリが一番目立っていた。みんなにかわいいと言われて、いろんな人に可愛がってもらっていた。ユリもこの時は何故か人見知りをしない。






Day 4 (7/6, Monday):
マニラ観光。あまりに暑いしユリがいるので、車からあまり出なかった。行った場所はサンチャゴ要塞、マニラ大聖堂、カーサマニラ博物館、サン・オウガスティン教会、リサール公園。帰りにアメイジング・フィリピンシアターという場所の前を通るのだけど、ここはイメルダが世界各国の要人が来るイベントの為に、速く乾くセメントを作って数百人の労働者を作って速く作らせようとしていて、そのセメントが弱く労働者の上に崩れ落ち、生きている人がいたのにセメントが速く固まってしまったので、数百人の人が亡くなった。でもイメルダはそのイベントの為に迅速に建物を完成させなければならず、死体の上にセメントを流し込んで、今のこの建物を完成させたらしい。
夕方プール。

Day 5 (7/7, Tuesday):
高級住宅地マカティにあるグリーンベルト&グロリエッタというショッピングエリアへ。
ムセオ・パンバタというchildren's museumへ行く。
夕方プール。
夜に女のマッサージ師が部屋で全身リンパ&指圧マッサージをしてくれた。値段はチップ込みで800円。他にもマリアのお母さんやいとこの人が同じ人からマッサージをうけたよう。あとネイリストがきていたけど、それはやらなかった。


Day 6 (7/8, Wednesday):
バリクバン・ハンディクラフトというお店へ。アメリカにいる人ならわかると思うけど、Pier 1というお店に売っているような物がかなり安い値段で売られている。インテリアに使えそうな物を数品購入。マリアはかなりインテリアの趣味が良いのだが、小物は全てここで買っているらしい(それでアメリカに送る)。
午後はマニラ・オーシャンパークという水族館へ行く。
ディナーは親戚の数人も集まり、フィリピン伝統料理の多数が用意されていた。アドボというシチューが絶品。
夜にプール。


朝の散歩(敷地内)

Day 7 (7/9, Thursday):
正午ごろにマニラ空港へ到着。見送りの人は1歩も空港に入れない。マニラ空港はやる事がなくて、時間を潰すのが大変だった。暑いし。

Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/167-7e104bc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。