上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日新聞を読んでいたら、『2011年度から各公立小学校で英語/英会話の授業が必修になる』とのこと。しかも小学校の先生は全科目を教えるのでいっぱいいっぱいなので、英語の授業には『小学校英語指導資格』を持った専門の講師が担当するとのこと。

同じ記事に、この資格を取るには『50時間以上の英語での指導経験がある』『英語で授業を行える英語力がある』の二つが必要と書かれていました。

これっていいじゃないの!と思った私。なぜならこの条件を二つともクリアしてるから。今すぐには仕事復帰しなくても、将来の為にこの資格を取るのは良いかもと思いました。

しかしこの資格。なんか怪しい。
調べていくうちに次の事がわかる。

J-SHINEという団体がこの資格を発行している。
上で述べた条件を満たしていても、J-SHINEからはすぐに資格をもらえない。
もらうにはJ-SHINEが認定している団体から推薦してもらい、さらにJ-SHINEの講義を2日間受けてから審査され、それに合格(どういうので合否が決まるか不明だけど)したら資格をもらえるらしい。
J-SHINEが認定している団体というのが、英会話学校のイーオン、ジオスやアルク、あとよくわからない大学やら。

アナハイム大学とかよくわからない団体が多かったので、まあ有名なイーオンでとりあえず話を聞いてみようと思い電話。説明会だけを申し込みました。

予約していた時間にさっそく近くのイーオンへ。マネージャーの女の人がいきなり『すごくおしゃれにしてますね~』『お若く見えて、子供がいるように見えないですね~』などとわかりやすいセールストークを始めました。私はかなり冷めた目で彼女の言う事に相づちをしていました。

最初に応募動機などを書く質問表を渡されて記入。その後、そのマネージャーが資格取得までの道のりを説明。でもこれが納得いかないの一言。まず資格取得までの道のりは:

イーオンで英語指導に必要な英語力を養う為のクラスを週1で12ヶ月取る。
(このクラスは3~4名のグループディスカッションのクラスか、1対1のプライベートレッスンが選べる)

1年間のクラス終了後にイーオンの特別セミナーを3日間取る。

イーオンから認定、推薦されて、J-SHINEのセミナーを受ける資格をもらえる。

2日間、J-SHINEのセミナーをとる。

J-SHINEから合否の判定をもらい、合格なら資格がもらえる。

私は話を聞きながら、自分はから出来るかなと考えていました。
それについて聞くと、は必ず必要との事。

英語での指導のための英語力?アメリカの大学院を出て、カリフォルニア州の厳しい教員プログラムを経て免許を取り、5年間現地校で教壇をとっていた私。英語力がないと5年も教師としてやっていけないのに、そんな事は全く考慮にいれてくれていない。『まあ、どうでもいいや』と続けて話をしていると、『入学の際に入るクラスのレベル分けのテストを行います』と言われる。入るなんて一言も言ってないのに。

個室に通され、一人で待つ事3分。ラミレス先生というアメリカ人が入ってくる。カリフォルニアのモデストという町出身らしい彼は、私がアメリカにどれだけ住んでたか、アメリカで何をしていたかなどを聞いてきました。トータルで3分くらいの会話。授業があるからと出て行きました。

その後にカナダのバンクーバー出身のデヴィン先生とさっきの日本人マネジャーが一緒に入ってきました。彼と普通の会話をし、あまり英語のわからないマネジャーの人に何気にわからないように彼が『あなたの英語はすごく上手だってすぐわかったけど、このテスト一応やらなきゃだめなんだよね。ごめん。』と言われました。

テストは書かれた会話文を読み、イディオムを言い換える質問、別の個人的な質問、その答えを最初の会話文に入れて再度読む、の4つの構成。非常に簡単。すぐに終わる。

質問がないか聞いてくるので、ディスカッションのクラスではどんな記事を読むのか聞いてみた。彼はいくつかの実際に使用している記事を持ってきたけど、facebookについてとかアメリカのテレビ番組についてとか。『あまり宿題とかしたくないし、興味がある記事しか読む気がしないんですが』とかなり意地悪な意見を言ってみたら、マネージャーが『プライベートレッスンだとフリートークも出来ますよ』だって。30万近く払ってフリートーク?そんなのクリスと出来るし。

最後にどのレベルに入れるか教えてくれる。一番上のレベル。それなのに1年間の英語のクラスが必要らしい。じゃあ例えばレベルが下の方でも1年間イーオンでクラスをとったら次のステップに行けるってこと?何々のレベルに達してたらステップ1はスキップ出来るとかではないの?

そんなこんなでイーオンを後にする。その夜にクリスにその話をしていて、クリスは『It's a scam!』と一言。そこで次の日に入会するかどうか返事が欲しいというイーオンにメールを書いてみました。何と書いたかというと、『もし英語のネイティブ(クリスのような人)が仮にこの資格を取ろうと思ったら、同じ様に1年間の”英語力を養う”イーオンの授業が必要なのか』と。

返事は来ませんでした。それから全く勧誘とかなし。
そもそもJ-SHINEの発起人にイーオンの社長がいるじゃないですか。もうこれはお金儲けとしか言えない。

この資格、自分にすごく合ってると思ったけど、自分の時間やお金を無駄にしたくないので、多分取ることはないでしょう。残念だけどね。

余談ですが、最初に質問表を書いている時に、いきなり現れた日本人の先生にめっちゃ明るいトーンで『Hi~! How are you?』と聞かれました。私は日本人と英語を喋るのが嫌い(時と場合によるけど、明らかに日本人しかいない時とかに)で喋らないんですが、この時は雰囲気で日本語で返事が出来ない感じでした。で、恥ずかしながら英語で返事。そしたらこの人どんどん英語で質問してくるの。しかも『10年くらいアメリカに住んでて、昨年の10月にカリフォルニアから日本に引越して来た』ってさっき説明したのに、『Where did you go?』と質問してくる。今さっき説明したんですけど。『I'm sorry?』って意味を聞き直したら、向こうが言い直そうとしてたけど、また同じ事を言われる。何となく会話の流れから意味を予測して返事。『Oh~, I see.』と言われる。うーん、どうなのこの会話。しかも最後に『Your English is very good. You are going to be a great teacher.』だって。あんたに言われたくないって思いました。この人はアメリカ人ぽく明るく喋ってるけど、先生にしては英語もそんなに上手くなかったです。自分の英語が特に上手だとか思わないけど、何かね。こういう雰囲気が苦手。
Secret

TrackBackURL
→http://erified.blog21.fc2.com/tb.php/147-0160bf77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。