上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の週末の過ごし方は、ランチを家族で食べに行き、一度帰ってから、私とユリで買い物等に出かけるというパターン。いつも赤ちゃんのお世話があってユリの相手をしてやれないので、こういう時間を作るようにしました。女の子ということもあって、一緒に買い物するのも本当に楽しいです。

さて先週の土曜日、二人でCupertino方面にある日系マーケットへ行ってきました。そこのほぼ隣りに『Beard Papa's』というシュークリーム屋さんがあるのですが、その直前に二人でフローズンヨーグルトを食べたこともあって、今回は買わずに家で作ってみようということになったのです。早速、土曜日の午後にユリと一緒にシュークリームを作り、試食してみると絶品(ちなみにTartineのレシピを使いました)。土曜は試食の1個を食べただけでした。土曜日の夜、何だか胸がやたらと張って、それに加えて何だか寒気が。。。でもあまり気に留めずに過ごしました。

日曜日...コーヒーと共に前日に作ったシュークリームをいただきます。小さめに作ったのもあって、3個くらいペロリ。さすがに気持ち悪くなって止めましたが、それでも大好きなシュークリームを食べた私は大満足。そしたら例のごとく胸がパンパンに張ってきて、悪寒がするように。これはまさかと思い鏡で胸をチェックすると、やはり右胸に赤色の炎症のサインが。。。どうやら乳腺炎になってしまったようです。

月曜日には熱が39.2度まで上がり、悪寒が酷いためベッドから出られず。主人が仕事を休んでユリをサマースクールに連れて行き、ジュンの面倒も見てくれました。そして死にそうになりながら近くの病院へ。ここで抗生物質とイブプロフェンをもらい、この日は1日寝ていました。熱は火曜日の昼過ぎまで続きましたが、その後は一気に熱も下がり、普段通りの生活に戻りました。しかし右胸に溜まってしまった母乳のしこりが取れず。友人から教えてもらった日本人の助産師さんのところに連絡をし、アメリカで初めて母乳マッサージに行ってきました。とても明るく優しい方で、2時間念入りにマッサージをしてくれました。そのおかげでしこりもほぼ分からないくらい小さくなり、母乳の出もさらに良くなったみたいです。

大好きなシュークリームですが、当分は禁止です。。。乳腺炎恐ろしや。
スポンサーサイト
1月〜6月までのブログエントリーがないのですが、追々書いていく予定です。
3月28日正午過ぎ、第二子となる男の子を出産しました。ジュンと言います。

前回はスタンフォード大学病院でユリを出産しましたが、あまりアフターケアがよくないというのもあって、今回は誰もが絶賛するセコイア病院での出産を選びました。前回の帝王切開であったので、今回は予定帝王切開でしたが、その準備中に陣痛が始まるというハプニングも。そのおかげか、生まれてすぐに母乳も出始めて、その分回復もとても早かったように思います。前回は帝王切開の痛みや予想以上に新生児のお世話が大変なこともあって、寝不足でゾンビのような生活がかなり長く続きました。でも今回は手術後3時間もすれば部屋の掃除をする程に回復しました。病院には5日間いましたが、ジュンが良く寝てくれたことや、アフターケアの素晴らしさもあって、退院後は家で掃除機をかけられるほどでした。


2〜3時間毎に授乳するように言われていましたが、何もしないとそれ以上寝てくれていました。


ユリが初めてジュンと会った時の写真です。私が入院中は義両親がユリの面倒を見ていてくれました。


退院してから。お父さんの上にこうやって寝転がってよく寝ていました。


日本から私の母も来てくれました。


ユリと一緒にタミータイム


約1ヶ月。この頃はほっぺや鼻周りに湿疹が出るように。ベビーソープで洗うようにしたら、すぐに治りました。


2ヶ月。首もしっかり据わってきました。


3ヶ月。バンボがあればおすわり出来るようになりました。


只今3ヶ月半。よく食べよく寝る子で、起きている時は満面の笑顔を見せてくれます。ユリは4歳8ヶ月なので、本当によくジュンの面倒を見てくれます。ジュンもお姉ちゃんが大好き。朝は二人で会話をしていて、それが本当に微笑ましいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。