上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロレーナのお母さん、マーシャからのお誘いで、WoodsideにあるHuddart Parkへエッグハント&ピクニックに行ってきました。この日はあいにくの曇り。でも3歳半にして今回がユリにとっての初めてのエッグハントなので、親子共々楽しみにしていました。



開始は12時半。マーシャと旦那さんのセバスチャンが前もってエッグを隠しておいてくれました。ユリは最初コンセプトがわからず、バスケットの代わりのバケツに土を入れたり、たんぽぽを摘んだりしていたのですが、やっといろんな場所にエッグが隠されていることがわかり、他の子供達と楽しそうにエッグハントを始めました。











エッグをたくさん取ったので、小さい子にも親切に分けてあげることができました。中にチョコレートやおもちゃが入ってることもわかったので、さらに楽しんでいました。



子供達のエッグハントが終わった後はピクニック。みんなで食べ物&飲み物を持ち寄りです。このピクニックに来ていた人は、ロシア人のマーシャを始めとするロシア人3人、ギリシャ人1人、アイルランド人1人、ドイツ人1人、インド人2人、日本人1人(私)と多国籍なグループ。それに私の主人とマーシャの旦那さんのアメリカ人2人。マーシャの旦那さんはLAで育ったけれど、ご両親はスペインからの移民、そしてスペインで長い間暮らしていたことがあるし、曾祖父母の代にアメリカに移民としてやってきた先祖を持つ主人は日本に精通してる... ということで、多国籍&マルチカルチャーなこのグループの居心地の良かったことと言ったら...。説明しにくいけれどアメリカ人(しかも海外といえばメキシコやカナダしか行ったことのない人達)のグループとは違って、みんな様々な国に行ったこともあるし、それぞれ英語にもアクセントがあるし。皆アメリカ歴も短いけれど、逆にそんなことを気にして話す必要もなくて、とにかく楽しかったの一言。





16時過ぎにピクニック終了。この日は帰りの車で少し寝たものの、外遊びを4時間近くやったのもあって、18時半頃には就寝。この晩にマーシャからメールが。たくさんの写真と共に送られて来たメールに『みんなユリがとても可愛くて優しい女の子と言っていたわ。ロレーナもユリと遊んで本当に楽しかったと言っていたし、ユリみたいな素晴らしい子供を生んでくれてありがとう。』と。こんなこと友達に言われることって滅多にないので、とても感動しちゃいました。本当に良いイースターの日を過ごせました。
スポンサーサイト
春休みのプレイデート#2。今回はまたまたBingの友達ロレーナちゃん。今回はBingに近いPalo Altoの『Cafe del Doge』で待ち合わせです。コーヒーとクッキーで腹ごしらえし、ユリとロレーナちゃんは三輪車で近くのHeritage Parkへ向います。







ここはPalo Altoの町並みそのままに、綺麗に整備された公園。周りの交通量が多いので、きちんとゲートが取り付けられています。子供が勝手に外に出て大変なことにならないように考えられています。ここに来ていた人は、周りの高級住宅街から来てる子供が多いのか、子供が白人で付き添いがヒスパニック系のナニーさんという組み合わせが多かったのが印象的でした。





ユリとロレーナちゃんは本当に仲良し。見ていて微笑ましいです。後ろにゲート、そしてアメリカの公園の多くに使われているのですが、遊具の下には木のチップ(?)が敷いてあります。









一緒に本を読んでいたら、他の子も寄ってきました。





公園でたっぷり遊んだ後は、Palo Altoのダウンタウンにある『Fraiche Yogurt』へ。ここのフローズンヨーグルトはとにかくクリーミーで甘さがかなり控えめ。ふわふわのヨーグルトを食べているような感じ。普通のヨーグルトも買えます。



なんとこの小さなお店でBingのクラスメートのライアンくん親子にバッタリ。Bingに毎日行っている子で、ちょうど学校が終わってから立ち寄ったそうです。以前から噂というか他のママさんや先生方から聞いていたのですが、ライアンくんはとにかくユリが大好きらしいです。昨日も迎えに行ったら、ストーリータイムに一緒に参加していたし、何やら2人でこそこそとお話をしてました。放課後もライアンくんはユリが気になる様子。ユリはロレーナちゃんとクレアちゃんという女の子と遊んでいたのですが、そこへ彼が来てユリにひたすら話しかけてました。そしてそこへ別の男の子がユリに話しかけに来たのですが、ライアンくんは『This is my friend!』と大きな声で主張してました。彼のお母さんも苦笑い。ライアンくんはユリを見つけるとものすごい笑顔で私達のテーブルに近寄って来て『Hi, Yuri!』と話しかけてきました。私とライアンくんのお母さんが話している隙に、ライアンくんはちゃっかりユリの隣りに座ってました。それを見てロレーナちゃんはユリを取られたと勘違いして、大泣きし始めちゃいました。ライアンくんはお母さんに言われて嫌々帰って行ったのですが、ユリは『いつもBingで遊んでる子だねえ。カーターくんっていう名前じゃなかったねえ。』と、今まで彼の名前を間違えていたようです。確かにもう一人カーターくんという子(私も顔を知ってる子)がいて、カーターって2人いるんだね~と話していたのですが、ユリがただ単にライアンくんの名前を間違えていただけのようです。それにしてもアメリカの子はプリスクール時代からませてますね。



*****

Caffe del Doge

419 University Ave

Palo Alto, CA 94301

(650) 323-3600



Fraiche Yogurt

644 Emerson St Ste 110

Palo Alto, CA 94301

(650) 566-0055
2011.04.19 プレイデート
今週はCasa dei Bambiniの方が春休み。春休み初日は幼なじみのノアちゃん&ジュリアちゃんとプレイデートです。子供達がまだ1歳になる前からのお友達。子供達が赤ちゃんの頃はしょっちゅう会えてましたが、この年になるとそれぞれの学校の予定が違うので、なかなか会えないのです。



晴れていたらスタンフォード大学のオーバルと言われる公園っぽいエリアに行くはずだったのですが、この日はあいにくの曇り/小降りの雨。11時半にSunnyvaleにあるPaneraというカフェで待ち合わせ。子供達3人、マカロニ&チーズのランチでした。その後は私の家へ。ジュリアちゃんとユリはプリンセスのドレスアップ。ノアちゃんはミニダイソンでお掃除をしてくれたり、レジスターで遊んだり。3人一緒に遊んでるかと思えば、数分後にはそれぞれ別々に遊んでいたり。Bingの先生によると、3歳時まではお友達と『一緒に』遊ぶというよりは、同じ場所で遊んでる感じが多いらしいのですが、4歳になると友達と共通のルールを作って上手に遊べるようになるみたいです。



子供達が遊んでいる間、私達親はコーヒーとケーキをお供にお話。子供の学校のことや子育ての話が中心でしたが、気遣いすることなく何でも言えるお友達と話すのはスッキリとするものです。あっという間に時間が経ってしまいました。



私には幼なじみが何人かいるけれど、例えば一番最初の幼なじみのKちゃんとは30数年経った今でも仲良くしていますし、親同士も仲が良いのです。ユリも私も今と同じように、ノアちゃん&ジュリアちゃん親子とずっと仲良くしていきたいなとしみじみと思いました。



可愛い3人の写真をどうぞ。





ノアちゃん写真を拒否。でもそれが可愛いんです。





ジュリアちゃんとハグ。





今度はノアちゃんとハグ。





ノアちゃんがおもしろい顔と体勢でポーズをとるので...





ユリも真似して2人でパチリ!



*****

Panera Bread

118 E El Camino Real

Sunnyvale, CA 94087

(408)530-8560

この辺りだとCupertinoにもありますが、こちらはあまり混んでいないしサービスもとても良いです。ここの会員になると、いろいろとお得な特典があります。
先週の金曜日ユリがプリスクールにいる間に、以前働いていた中学校のあるFoster Cityまで行ってきました。この学校の前はSan Mateoの中学校で働いていて、そこでの同期の友達Danielleと会うためです。DanielleはSan Francisco在住で英語/社会教師。最近女の子を生んだので、来年の8月まで教職はお休み中です。私達2人が勤めていたSan Mateoの中学校に当時はDean(生活指導の人)として働いていたJudyは、今現在Foster Cityの中学(つまり私が以前働いてた場所)の校長先生になっています。



3年前に働いていた学校といっても、私が働いていた時と先生の面子は変わらず。この学校はこの辺りでは優秀で、生徒もそれはそれはよく勉強するので、教師側からすると教えるのはラクチンなのです。先生もそんな学校から他に移って行く理由もありません。私自身もJudyや他の仲の良かった先生達と会い、改めて良い職場だったな~と実感しました。



私が以前教えていたRoom 5で現在教えているのは、仲の良かった先生の一人Pam。Pamは数学のHead Teacherで、私がこの学校にいる間も公私共にお世話になった方。教員歴も20年近いベテランの先生です。Pamは私がここを辞めて日本に帰った年に、Foster Cityより少し南にある『超』高級住宅地Woodsideの学校に移ったのです。Woodsideといえば、有名なところでOracleのCEO、Intelの創設者、俳優のミッシェル・ファイファーなどが住んでる場所。私の友達の一人も住んでるのですが、ゲートから家が見えないし、敷地の中にプール、テニスコートがあるのは当たり前、ゲストハウスがあったり、家自体も6~7ベッドルームあったりします。オラクルのCEOは日本の寝殿造りの家だそう。



さて話は戻って、PamがWoodsideに移った理由は給料の良さ。Foster City/San Mateoの先生の給料は、このベイエリアでも低い方に入ります。20年働いても上限が75kとかそんな感じです。Woodsideでは上限が100k近いので、上限に近いところにいるPamが移りたかった理由もわかります。Foster City/San Mateoの中学校では、予算の関係から先生:生徒の割合は1:28~32ですが、Woodsideは1:15。教師側からするとWoodsideは完璧なような気がしましたが、Pamは1年でWoodsideを辞め、Foster Cityに戻ってきました。彼女からその話を聞いて、あまりのショックに言葉を失いました。



ベイエリアでは『超』お金持ちなエリアがたくさんあって、親の職業もどこかのCEO、弁護士、ベンチャー、医者などが多く、そういう人達の子が通うエリアは基本的に学校のレベルも高いと言われています。でも教師からすると、そういう親は成績や授業内容などに口うるさいというイメージがあるので(実際そうでもあるし)やりにくいと言えばそうかもしれません。



PamによるとWoodsideはそれに加えて、別の問題があるというのです。それは子供の物の考え方。



普通、親が子供に良い成績を取ってほしいと願うのは、それによって良い学校に入って、それなりの仕事につけるようにとのことだと思います。そして子供も同じように考えている人が多いと思うのですが、PamによるとWoodsideの子は違うらしいのです。この子達の考えはこうです:



『親が大金持ちだから、将来自分も同じ様にお金持ちになりお金に困ることはない。お金があるから特に良い仕事に就く必要もない。それなら良い大学に行く必要もないし、学校で良い成績を取らなくてもよい。』



それに加えて親は親で、子供の成績がAでないと『口撃』してくるそう。ここの先生も親と言い合いになるのも嫌なので、適当にAをあげるとのこと。



PamはFoster Cityの中学校では生徒に大人気なくらい素晴らしい先生で、学区内の教師陣にも有名だったのですが、Woodsideの1年で相当精神的にダメージを受けたらしくて、思い出したくもないくらいの経験だったそうです。Pamは昔、ジョークで『エリも仕事復帰するなら、Woodsideに来なさいよ~』と言っていたんですが、私は絶対行かないでしょう。子供がここまでやる気をなくしてるというか、勉強や学校の意味をわかってないのなら、どんなに優秀でやる気のある先生が行ってもその人の労力が無駄になるだけのような気がします。
今日はプリスクールで一番仲良しのロレーナちゃんとブランチ&プレイデートでした。





Half Moon Bayに住むロレーナちゃんとMezza Luna Caffeでブランチ。





ロレーナちゃんの弟、ミロくん。





レストランの周りを散歩します。





ロレーナちゃんのお母さん、マーシャ。ものすごく優しい人で話も合う人で、ずっと話してても話が尽きません。





ロレーナちゃんお気に入りのフレンチフライのお店にて。これは私のお気に入りの写真です。



ロレーナちゃんとは13時頃にお別れし、主人&義弟夫婦と合流。Half Moon Bayから車で南に10分程下った所にあるビーチへ。





曇りでしたが、意外と暖かかったです。





何となく日本人らしい写真。





途中から一気に晴れて一段と暖かくなりました。





家に帰ってシャワーを浴び、主人が数日前にユリに買ったティンカーベルのドレスに着替えました。



もっと暖かくなったら、頻繁にビーチに連れて行ってあげようと思います。



*****

Mezza Luna Caffe

Harbor Village

240 Capistrano Rd

Half Moon Bay, CA 94019
ユリがBingで最近特に仲良くしているロレーナちゃんのお母さんからメールが来ました。drop-offの際に学校で写真を撮ってくれたようです。





ロレーナちゃんのお父さんは、スタンフォードの博士号課程に属しているスペイン人。お母さんはロシア人。実は最初に会った時から、私達も彼らもお互いの子供が似ているなと思っていたんです。写真で並んでみると似てないんだけど、それぞれを見ていると雰囲気などがそっくりなのです。Half Moon Bayに住んでいるロレーナちゃん一家。今週末はブランチ&プレイデートに誘われています。ユリもロレーナちゃんと遊ぶのが大好きなのですが、ロレーナちゃんもとにかくユリが大好きらしくて、ロレーナちゃんママからしょっちゅうメールでお知らせが来ます。ロレーナちゃんはこちらの新学期の9月からBingにいるそうなのですが、ユリと友達になるまでは学校が嫌で泣くばかりだったそう。いつもdrop-offの際にロレーナちゃんはユリを待っていてくれて、ユリが来るとお母さんが帰っても泣かないそうです。



昨日ですが、ユリのもう1つの学校Casa dei Bambiniのお友達ナオミちゃんのママにプレイデートに誘われました。ナオミちゃんはユリと同じく、お父さんがアメリカ人でお母さんが日本人。ユリより1歳年上です。ナオミちゃんはバレエを3歳からやってるらしく、2人でバレエの服に着替え、おまけに靴もバレエシューズに履き替え、音楽に合わせて2人で踊ってました。それに影響されてか、昨晩から『私もバレエのスクールに行きたい』とねだるように。ナオミちゃんからお借りしたバレエの服&シューズに着替えて、朝からバレエをやり始めました。







こちらのバレエスクールは随時入会は出来ないので、学校のスケジュールと同じく8月の終わりからのスタートです。早速いろいろと調べて良さそうな所に連絡をしておきました。



まだプリンセスなどが好きですが、前よりもその熱は冷めたようで、今はもっぱらバレエ、バレエ。良いようにプリンセスモードからバレエにシフトしてくれるかな~なんて思ってます。
サンノゼにある主に幼児~幼稚園児対象のテーマパーク『Happy Hollow Park & Zoo』へ行ってきました。前に行ったのは昨年の5月。身長が足らなくて乗れなかった乗り物も、今回は乗ることができました~。値段は1歳から69歳まで1人12ドル。でも乗り物は乗り放題です。





開園10分前に着きました。





まずはメリーゴーランド。





前回身長が足らずに乗れなかったローラーコースター。怖がるかと思いきや、大笑いしてました。





これも前回は修理中で乗れなかった乗り物。ドラゴンの形の乗り物に乗って、おとぎ話の世界に行きます。ユリの知ってる話ばかりだったので、とても楽しめたようです。





ブランコ好きのユリにぴったりの乗り物。









これが今回の一番ヒットの乗り物。これも以前は身長が足らずに乗れませんでした。今回は5回くらい乗りました。とにかく大笑い。





高所恐怖症の母親とは違い、高い場所も大丈夫です。





こんな遊び場も。





アメリカらしい、巨大な遊具。









ローラーコースター2回目。アメリカ人らしく両手を上げて乗ってみました~。









petting zoo。動物にえさをあげたり撫でたりすることが出来ます。こちらはヤギ。









全く物怖じせずでした。



ここへは朝10時~13時頃までいました。昼から人の数がどっと増えるので、朝早いうちに行くのがコツです。乗り物も待ち時間無しで乗ることが出来ます。





ここの食事はとにかく不味いので、パーク内で持って来たスナックを食べて、ランチは近くのLee's Sandwichesへ。パクチー好き夫婦なので、ベトナムのサンドウィッチは美味しく感じます。



今日は16時にお風呂、17時半には寝ちゃいました。
2011.04.04 3歳5ヶ月
育児日記なのに全く成長記録を残していなかったので、この辺で久々に書いてみますね。



言語面:



日本語



・会話は話すことも聞き取りも問題無し。ただ最近は英語の方が話しやすいらしく、時々英単語を混ぜることがあるので、それを直させて話させるようにしている。

・ひらがなは以前は全く興味を示さなかったけれど、最近は読めると本などが読めるようになるということがわかったようで、前よりも進んでひらがな表を見る様になった。ひらがなは友達の名の頭文字という感じで覚えているよう。例えば『まっくすの”ま”』『いざべらの”い”』みたいな。時々、主人 vs ユリでかるたをやってます。

・ひらがなを書くのも只今練習中。

・『にほんごであそぼ』のCDがお気に入り。『じゅげむ』『1より小さい数』『雨ニモマケズ』『こころよ』など普通に歌える。その中でも『ひとよひとよにひとみごろ...』という平方根(square root of 2)の語呂合わせがお気に入りで、その歌が流れると大笑い。






英語


・会話は全く問題無し。

・大文字は何も見ずに普通に書ける。小文字は覚えてるのと覚えてないのがあるけれど、ほぼ書ける。

・フォニックスは絵本を読んでいる時に練習中。



生活面:

・19時~20時就寝で、朝は7時頃起床。

・お風呂は身体を洗うのは私か主人がやるけど、基本的に1人で入っている。もちろん私か主人が見ているけど。

・果物を切ったり、洗濯物を畳んだり、ベッドメイキングをやってくれたり、お手伝いもやってくれる。




食生活:


・パスタがとにかく大好き。最近は玄米パスタに変えたけれども、そのモチモチ感がお気に入りのよう。

・朝はパンが多いが、来客者が食べていたオートミールも気に入って食べ始めた。



学習面:


・学校ではスペイン語をやっている。お遊び程度だけど、本人は楽しんでいるよう。挨拶と数字が言える。

・フランス語も好きで、お気に入りの曲は『Joyeux Anniversaire(happy birthday)』『Sur le Pont d'Avignon (on the bridge of avignon) 』。数字も言える。

・地図を見るのが好きで、地名や国旗なども気に入ったものは覚えているよう。お気に入りの国は日本、アメリカ、ベトナム、イギリス、フランス、ベルギー、インド、バングラディッシュ、オーストラリア。

・ハサミで形を切るのにハマり中。テープを使うのも好きで、絵をバラバラに切って、それをテープで貼付けるということをやる。

・習い事:ピアノ、日本語(4歳になったらダンスかバレエなどを始めようかと思っている)

・学校:月水金 9~15時、火木 12:45~4:15



その他:


・絵が上手になった。イヤリング、ヒール靴なども描く様に。Bingの先生方に驚かれたよう。2~5歳児で絵の上手な子は、言語能力を始めとする様々な分野で秀でているそうです。先生方に『家で何やってるの?』と聞かれたので、『部屋にイーゼルを置いて、いつでも絵が書けるようにしてるだけですよ~』と言ったら、『それはこれからもやりつづけてください』と言われました。ユリは先生に絵を説明する際に、ものすごく複雑な話をしてくれるそうです。Bingの先生はいつも絵の後ろに何をユリが説明したか書いてくれるので、とてもありがたいです。



・Trader Joe'sというスーパーでいつもシールをもらえるんだけど、先日いつものようにシールをもらった直後に、後ろのおばさんがユリに『enjoy!』と声をかけてくれました。ユリは『ok』と笑ったんですが、面白いのはその後。車に乗って帰ろうとするとユリが『さっきおばさんに"enjoy"って言われたけど、”I'm already enjoying it”って思った。』と言うのです。『ok』って笑っていたのは苦笑いだったのでしょうか。主人と私もどちらもこういうタイプなので、それに似たんでしょうねえ。



ユリの絵を紹介:



白雪姫がりんごを食べようとしているところ。右は小人がぶらんこに乗ってるらしいです。





これも白雪姫。右にひまわりとチューリップも描いてます。





これが学校で描いた絵。意地悪なお姉さん(シンデレラから?)がいたので、泣いている女の子らしいです。上にラストネーム("U"が抜けてますが)も書いてます。”K”は大文字の中で一番習得するのに時間がかかったのですが、書けるようになってから嬉しくて何度も書く様に。



最後に3歳5ヶ月の写真です。



絵本が大好きです。最近は絵の無い本でも大丈夫。長~い話でもちゃんと集中して聞けます。忙しい時に『絵本読んで待っててね』と言うと、きちんと1人で絵本が読めるのは感動。





初の洗車体験。『もう一回行こうよ~』と大好評。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。