上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリフォルニア州にお住まいで2007年9月以降に生まれたお子様をお持ちの方は皆知っていることだと思いますが、幼稚園の学年の区切り(cut-off date)が来年(2012年)から変わります。



日本の義務教育は小学校から始まりますが、アメリカでは幼稚園から。こちらの幼稚園は日本で言うと『年長』レベルだけの1年間で、続けて小学校に移ります。大体の場合は幼稚園も小学校の一部になっているので、『小学0年生』といった感じ。



日本の場合、ある年の4月2日から翌年の4月1日までに生まれた子が同じ学年として学校に通うことになりますよね(日にちに誤差があるかもしれないけど)。でもアメリカは州によって学年の区切りが違います。



例えば主人の出身のオレゴン州ならば、ある年の9月1日までに5歳になっていれば、その年の9月に幼稚園に入学出来ることが出来ます(アメリカの学校は大体9月から始まり、翌年の6月にその学年が終わります)。ほとんどの州が9月1日前後がcut-off date(学年の区切りの日)なのですが、カリフォルニア州はそうではないのです。詳しくは:ココ



以前はある年の9月に幼稚園に入学したければ、同じ年の12月2日までに5歳になるのであれば幼稚園に入学出来ます。この場合、9月に幼稚園に入った時の年齢は4歳。例えば2005年11月15日生まれだとしたら、2005年の9月の時点では4歳だけど、幼稚園に入学出来てしまいます。



カリフォルニア州は法改正により、

2011年のcut-off dateは、12月2日、

2012年のcut-off dateは、11月1日、

2013年のcut-off dateは、10月1日、

2014年以降のcut-off dateは、9月1日となります。







ということは、ユリは2012年の10月21日に5歳になるので、2012年の9月に幼稚園入学となります。



さて何故このことが話題になるかというと、アメリカではギリギリで学年を区切られた子(日本でいうと3月生まれの子)は、それより以前に生まれた子と比べて精神的にも体力的にも幼稚園でやっていくのに苦労をしがちだということらしいです。ここで日本と違うことは、ギリギリで学年を区切られて幼稚園に入ることが出来る場合に、あえて入学させずに1年待ってから入学させるという選択肢があることです。そうすることのメリットは、幼稚園に入った時点で精神的にも体力的にも幼稚園でやっていきやすいとのこと。特に男の子の親でそうさせる子が多いらしいのですが、後に高校生になりフットボールだのバスケだのをする場合に、身体的に他の子に比べて勝る場合が多いからだそう。



ユリの場合はそれこそギリギリで2012年の9月に幼稚園に入ることになりますが、入学を遅らせることはしないと思うので、それまでに幼稚園でやっていく精神的&能力的な準備をしてあげなければと最近思っています。



まだプリスクールが始まったばかりだけれど、何だか最近は先のことばかり考えて行動をしてる気がします。cut-off dateのこともそうだけど、最近は家を見ているので、ユリがまだ3歳なのに、ユリが将来通うであろう高校のことを考えて家探しをしている私。いろいろと悩みは尽きません。
スポンサーサイト
熱と湿疹でバレンタインデー当日はプリスクールをお休みしましたが(結局、3歳3ヶ月にして『突発性発疹』にかかりました)、水曜日には元気に学校へ。お迎えの際にこんなバッグをもらって帰ってきました。





ユリの写真入り、特製バッグ





先生方の手作りのようです。



そして中身はクラスメートからのバレンタインデーカードが。





写真入りポストカードの本格的なものから、市販のものに名前を書いただけのものなどいろいろ。名前も親が書いたものもあれば、子供が頑張って書いたものまで。キャンディー、ペン、シール入りのものまでありました。ユリはこんなにたくさんのカードをもらい、嬉しかったことは言うまでもありません。
2011.02.16 新たなブログ
アメリカに引越したので、新たなブログを開設しました。こちらは3月下旬までにはクローズするつもりです。

特定の地域の名前や友達の名前を普通に出しているし、検索にも出ないような設定のブログになっていますので、新しいブログのURLを知りたい方はメールorコメント(非表示設定で)をくださいね。
2011.02.15 Show and Tell
ユリの通っている2つのプリスクールの1つBingは、お迎えの時間の15分前から親も参加出来るstory timeという時間が設けられています。毎週この時間を担当する先生は変わるのですが、この15分の基本的な構成は



・show and tell

・先生の簡単なお話(様々な文化や言語、サイエンス系のお話)

・絵本の読み聞かせ(毎週本が変わる)



『show and tell』はアメリカの幼稚園や小学校の低学年でよく見られるアクティビティーの1つ。大体の場合は、何かテーマに沿ったものを持ってきて、それを皆の前で説明し、質問があればそれに答えるというもの。Bingでは強要させることはしないので、その日その日で何かについて話したい生徒がいれば、その子がshow and tellをやります。今日は3人の生徒が前で発表。最後の3人目がユリでした。



先週、先生の1人Teacher Haleyとユリがディズニーランドについて話をしていたらしく、ユリが先生に『シンデレラになった時の写真を見せてあげる』と言っていたそう。それで今日は12月に行ったディズニーランドでシンデレラになった時の写真を持って行かせました。



今日のアクティビティー担当はTeacher Quan。私はまさかshow and tellにユリが参加するとは思っていなかったので、Teacher Quanが『じゃあ次はユリがお話をしてくれます。』と言った時、何故かとても緊張してしまいました。実は私、教師という職業に就いていたものの、あまり大勢の人の前で話すのが好きではないのです。このshow and tellなんて、私は一番嫌なタイプのアクティビティー。そんな母親を余所にユリは皆の前で話し始めました。



『これは私がディズニーワールド(本当はランドだけど)に行った時に撮った写真です。青色のシンデレラのドレスを着ました。顔にミッキーマウスのシール(顔用)を2枚貼りました。』



短い発表でしたが、全く物怖じもせずに話せてました。1ヶ月前まではアメリカの学校に馴染めるだろうか、日本語ばかりの環境から英語オンリーの環境になり、きちんとやっていけるだろうかと少なからず不安だったので、今日の発表を見て感激してしまいました。後から先生方に、『普通の子は初めてshow and tellをする時に恥ずかしがるものだけど、ユリは正々堂々と自信をもって話せていたのは素晴らしい』と褒められました。



この15分のアクティビティーなのですが、4歳児の大きな子は先生の前を陣取って座り、3歳児はアクティビティー担当以外の先生の膝の上に座ったり、後ろの方に座ったりする傾向があります。ユリも当初は先生の膝や横に座ったりしていましたが、先週辺りから大きな子に混じって一番前に座るようになりました。先生の質問にも積極的に答えたり、時には質問をしたり、絵本の読み聞かせの間はびっくりするくらい集中して聞いています。親が参加出来るこのstory timeの時間は、私にとってユリの成長を垣間見ることが出来る大切な時間です。



余談ですが、放課後はすぐに帰る子は帰ったり、時間に余裕のある生徒は外で遊んだりできるのですが、ユリは最近よく会話に出てきていたカールくんという男の子とずっと仲良く遊んでいました。とても可愛らしかったです。最近はBingでもCDBの方でも仲の良い子供がいるようで、いろんな子の名前が会話に出てきます。こちらの学校に馴染んでくれているようで、一先ず安心です。





相変わらずプリンセスブームは続いています。。。
主人がバルセロナに発った日、ユリの幼なじみの1人ノアちゃんのママがプレイデートに誘ってくれました。以前住んでいたMountain Viewにある『Mercy-Bush Park』という所で待ち合わせ。ここはこじんまりとした公園ですが、綺麗に手入れされているし、ここに来る利用者もマナーの良い人が多い感じがします。



ユリはノアちゃんに会うまでは楽しみで『ノアちゃんと~して遊ぶの~』と興奮気味に話していましたが、いざノアちゃんを目の前にすると恥ずかしくなった模様。それでも2人はすぐに打ち解け、仲良く2人で遊んでいました。ノアちゃんパパが2人の面倒を見てくれていたので、ノアちゃんママとゆっくりとおしゃべりが出来ました。



公園には3時間半程いたのかな。暖かい日だったので、帰り際に近くのフローズンヨーグルトのお店までお散歩へ。帰りの車で眠そうにしていたものの、サウンドオブミュージックのCDを聴きたいと言い張り、眠りに落ちたのは家に着く5分前。



日本では夏は蚊がいるし、冬は寒いしで、ボーネルンドのような室内遊び場ばかり利用してましたが、天候の良いカリフォルニアでは外遊びが一番ですね。もっと頻繁に公園に連れていってあげようと思いました。





ノアちゃんの作品。難しいブランコのショット。写真を撮るのが上手なノアちゃんパパ譲りの腕前です。





日本の砂場のように湿気がないので、水分を加えないと使いにくいので、2人でお水をせっせと運び砂場遊びを楽しみました。





ノアちゃんのおもちゃの携帯。持ち方が今時のスマートフォンっぽいですね。





楽しい~。





ノアちゃん、また遊ぼうね~!
先週、12月中旬に日本から送った家財道具が届いたので、会社のアパートから新居へ移りました。今は家も探しているのですが、気に入った家が見つかるまではここに住むことになりそうです。



日本では4LDKのマンションに住んでいたのですが、それでも広さは95平米程度。今回住む場所は3LDKですが、2階建てのタウンホーム風。広さも約130平米。玄関は建物の3階にあるのですが、そこから2階建て風になってます。1階はキッチン、ダイニング、リビング、お風呂、トイレ、それにユリの部屋と主人の部屋兼ゲストルームがあり、2階(というか4階だけど)はマスターベッドルームにお風呂、トイレがあります。ユリが生まれてから日本に引越すまで過ごした家と日本でのマンションも含めて、お風呂&トイレはそれぞれ1つずつしか無い場所にしか住んだことがなかったのですが、今回からユリは自分専用のお風呂とトイレがあります。



ユリの部屋は私の横浜のマンションに来たことがある人ならわかると思いますが、ユリの部屋の物と畳の部屋にあった物全てが1つの部屋に入ってしまいました。10畳強あるので広すぎるくらい広いですが、ユリの物が全て入って、リビングがスッキリです。



アメリカの家具は大きくて、日本に引越す時にほとんど全て売って来たのですが、今回は日本で購入した家具を全て持ってきました。アメリカの家が広すぎて、アンバランスな程に家具が小さく感じます。そして家具が足りないのですが、とりあえず家に引越すまでは買わないでおこうかと思います。



さて家探しですが、もう4回ほどRealtorさんと家探しに出かけました。こちらでは新築を建てる人はほとんどいなくて、中古を買ってリフォームするか、家を売る人もリフォームして高く売ったりします。いくつか良さそうな物件があったのですが、値段が手頃でも少しリフォームが必要だったりとか、完璧な物件にはまだ出会ってません。冬は家を売る人が少ないらしいので、気長に探そうかと思います。



ユリのプリスクールから2週間前に『バレンタインデーカード作りの宿題』の知らせの紙をもらいました。ユリのクラスメート27人全員分のカードを作るという、親に対する『宿題』です。教師時代はこういうことがあるとすぐに取りかかり、締め切りの1週間前には終わっているような物事の取り組み方だったのですが、子供が生まれてから、何事もギリギリにやるような性格になってしまった私。今回も2週間あったのに、4日前にカード作りに取りかかり始めました。



まず近くのTargetにて、baby shower用のピンクの台紙と封筒のセットを購入。photoshopを使ってバレンタインカードのデザインを作りました。ユリの顔を覚えてもらおうと、ユリの写真をハート型にして載せました。27人分カラーでプリント。近くのKinko'sにてせっせと切り取ります。ここまでの作業はあっという間にやってしまったのですが、プリントしたカードのデザインをピンクの台紙に貼りつけるという面倒な作業をやる気が全く起こらず、キッチンの片隅に放置していました。主人がいる間にやっておけば、手伝ってもらえてすぐに済んだだろうに、重い腰をあげてやり始めたのは13日(つまり前日)でした。





出来上がりがこんな感じ。プリントのデザインが計算ミスで小さいのですが、気にしている余裕はありません。ちなみに『YURI』はユリの直筆です。





糊付けという単純作業を黙々とやり続けます。ちなみにピンクのリボンも私が付けました。





糊付けが終わり台紙が乾いたら、封筒に入れていきます。ここで集中力が切れた私。あまりテレビ好きではない私も大好きなTOKYO MXの『5時に夢中』をyoutubeで観ながらやりました。



そしてバレンタイン当日。。。



ユリは前夜に熱であまり寝ていないのとまだ朝にも熱っぽかったので、今日は学校を休むことに。でも学校までカードだけは届けてきました。お友達からどんなカードが届くのかは次回(水曜日)までのお楽しみです。





今日は雨で外も寒いし、病み上がりの娘と『Sleeping Beauty(眠れる森の美女)』を鑑賞。ディズニー映画があまり好きではない私ですが、昔の『Sleeping Beauty』や『Snow White(白雪姫)』は良いですね。特に『Sleeping Beauty』は名作だと思います。ちなみに顔が何かにかぶれたようなので、白いクリームを塗ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。