上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週末は双子ちゃん一家と六本木ヒルズの『レスタジ』にランチに行きました。前回とは違い、今回はそれぞれ車で六本木入り。首都高が混んでいなくて、あっという間に到着。Mさんが予約をしてくれていたので席は用意されてましたが、子供の椅子がない!しかも子供のランチセットなどメニューに無し。私と主人は基本的にこういうレストランは『暗に子供歓迎のお店ではないことを示している』と決めつけてるのですが、念のため聞いたところお子様ランチはあるそう。

私達大人はあまりお腹も空いてなかったので2500円のコースに。これは平日に1500円とお得らしいです。オープン当初はもっと値段がしたそうですが、不景気で客が少なくなったのか、かなり値下げしたそうです。簡単なレビューを:

1)前菜(サラダ)
名前は忘れましたが、特に特徴もないサラダでした。上にのっている豚肉が何故かツナ味。

2)パスタ&ピッツァ
パスタはあさりのクリームソース、ピッツァはじゃがいものスライスがのったもの。どちらも特別美味しいわけでもなく、だからといって不味くもなく。すごく普通。特徴無し。ピザの生地は美味しかったけど、パスタは???あさり好きのユリもあまり食べず。生麺と使用してるらしいのですが、そんな食感がなかったような。

3)デザート&カフェ
デザートはクリームチーズのアイスクリームに、りんごのタルト、あともう1品(覚えてない)だったかな。とにかく甘くて、コーヒーと共に食べたかったのだけど、このコーヒーがデザート完食後10分してから到着。遅い!!

お子様ランチは1人1800円くらいだったかな。ワンプレートで、サラダ、フレンチフライ、ライスコロッケ、パスタ(トマトソース)、ハンバーグがのってます。デザートはバニラアイスにフルーツ少々。ユリを含め子供達3人全員ハンバーグ、ポテト、デザートのアイスクリームしか食べませんでした。

前菜の前にくるパンにも、オリーブオイルやバルサミコ酢、バターなど何も付いて来なかったです。

個人的に1つか2つくらいかな。料理の特徴の無さもそうだけど、サービスが...。とにかく段取りが悪くて、水は無くなってるのに注ぎにこないし、お会計も時間がかかるし、『駐車券を...』というので財布から出そうとしていたら、そのウェイターさんがいなくなってるし。帰りも挨拶とか無くて、預けていたコートも出てこなかったです。そしてトイレ... 全然綺麗じゃないです。水回りの掃除がなってなくて、表の小綺麗な感じからここに来るとガッカリです。そして私が一番ガッカリだったのは、レストラン内で分煙されてないこと。せっかくの食事が台無しでした。

大人4人+子供3人、18000円也。英語で『pretentious』という言葉がピッタリのレストランでした。


お子様ランチは飲み物が付いてません。

ランチの後、森タワーの52階にあるプラネタリウムに。入場料が1800円。主人の会社から東京は一望出来るので、プラネタリウム代だけ支払いたかったけれど、そんなのはありません。ちなみに3歳以下は無料。このプラネタリウムは普通の椅子に寝転がって見るタイプではなくて、星の中を自由に歩きながらというのが売りみたいだけど、私が20年前に見たプラネタリウムの方が何倍も良かったというくらい出来が悪いです。1800円返して欲しいと本気で思いました。主人と『まさかこれがメインじゃないでしょうね』なんて話してたら、やっぱりそうでした。途中で映像が流れる部屋があるけれど、これもyoutubeで有名『powers of ten』そっくりでした。ユリはそれなりに楽しんでいたようで、さっそく家に帰ってから宇宙の百科事典を取り出し『milky wayだ~。これ今日見たね~。』と話してました。

この後に主人の会社にまたまたお邪魔しました。ここに置いてあるGoogle Earthがほぼ360度実体験出来る機械(?)の方がプラネタリウムよりずっと高性能で楽しめました。



双子ちゃん一家はこの後に用事があって先に帰ったので、私達家族で『La Boutique de Joel Robuchon』といパティセリーに行きました。ここで数品デザートを購入して、早速頂きました。私のモンブランは甘みが強すぎたのですが、ユリのシューアラクレームは中々美味しかったです。

帰りにボーネルンドで地球儀を買って帰りました。ここは子連れだと車がおすすめかも。上限3000円だし、5000円で2時間、1万円で4時間無料になります。駐車場も全く混雑していないです。個人的にP5がおすすめです。


パティセリーで購入しても、食べるのは外です。中はレストランの客のみです。
スポンサーサイト
1週間前から風邪を引いてます。今回はいつもの喉の痛み、鼻水、咳に加えて、発熱、悪寒も付いてきました。今は幸い咳と鼻水のみですが、外出時はマスク着用です。日本の咳止めは何だか効いてるのか効いてないのか...。

さて風邪で家でゆっくり休養...とはいきません。何と言っても引越しまであまり時間も無いし、12月はイベント盛りだくさんで、スケジュール的に予定をあまり延期に出来ないのです。

先日は双子ちゃんママのMさんと銀座まで行ってきました。Mさんは以前に有楽町駅近くの会社で働いていたのですが、そんな彼女が10年以上通っているという『松本平太郎美容室』に連れて行ってもらいました。ここはいくつか支店があるそうですが、私達の行ったのはそのうちの『銀座 PART II』というお店。松屋の目の前にあります。紹介されて初めての客はメニューが半額だったり、スタイリスト料免除などいろんな特典がありました。私はMさんをいつも担当している店長さんにお願いしました。マイクロスコープで頭皮の状態を調べてくれたり、ハンドマッサージをやってくれたりします(ちなみにこの担当者は、昔いた『わらべ』のメンバーの誰かの子供らしい)。全品ケラスターゼというのも嬉しい。私は横浜にも岡山にも行きつけの美容院があるけれど、ここもなかなか良かったです。このお店に髪のブローというかセットだけしに来る客もいて(普通の服というか、何も特別なイベントの為ではなさそうだった)、さすが銀座って思ってしまいました。美容院で時間があっという間に経ってしまい、肝心の買い物はあまり出来ず。松屋のデパ地下だけ見て帰りました。この日は美容院以外ではマスク着用でした。

そして先週の水曜日は、習い事のお教室の後にマヒロちゃん&マイコさん親子とたまプラーザへ行ってきました。お互いずっと忙しくて、なかなかスケジュールが合わずに会えず、久しぶりの再会を私もユリも楽しみにしていました。本当はすぐにたまプラまで行って、そこでランチ、そして子供達をボーネルンドで遊ばせるというプランにしていたのですが、人身事故で電車がストップしていました。それで急遽、最寄り駅にある『洋麺屋五右衛門』でランチを食べることに決めました。初めてここを訪れたんですが、チェーンにしてはなかなか美味しかったと思います。ユリはボンゴレとカルボナーラのハーフ&ハーフをかなりの量食べました。食後に駅の掲示板を見ると、全て各駅だけど運行は再開されてるとのこと。さっそくたまプラへ出かけました。ユリもマヒロちゃんも電車の中で静かに良い子にしてくれてました。ボーネルンドではユリとマヒロちゃんを遊ばせて、子供達を見ながらマイコさんと久しぶりにゆっくりと話せました。さてこのたまプラのボーネルンドなんですが、他の同じような施設と比べて、まだ歩けない小さい子の率が高かったです。そういう月齢の子専用の部屋もあるのですが、ここのママさん達はどこでも遊ばせるので、何だか危なかったというか、例えば子供が走ったりジャンプしたりして遊べる遊具があるのですが、そこでも小さい子と一緒に親がジャンプしてたり、(まだ歩けない)小さい子だけだったり... 二子玉川のピアレッテと比べても、子供の年齢層がかなり低いです。あまりユリにはここは向いていないかも...。とはいえ、ユリもマヒロちゃんもそれなりに楽しんでたみたいです。





六本木ヒルズ編に続くのですが、長いので次回。
2010.11.21 近況
前の六本木の記事から、全くブログに手をつけてなかった私。友達のブログもコメントも残さず読んで終わり。みなさま、すみませんでした~。ここ最近とにかく忙しくて、簡単にコメントなどが残せるmixiやfacebookでしか自分達の近況をアップしてませんでした。今日は久しぶりに時間があるので、近況をまとめて書いておこうと思います。

・11月6日(土)
六本木ヒルズに行った日が実は結婚記念日(11年目)だったので、次の日に近所の『梅の花』へ行ってきました。アメリカに引越す日も近く、なるべくアメリカでは食べられないレストランに行こうということになりここへ。主人も私もここの生麩が好きで時々取り寄せます。ユリは豆腐三昧のここのお子様セットはぺろりと完食してしまいます。特に嶺岡豆腐は単品で追加オーダーするくらい。個室で周りの目を気にせず、家族3人ゆったりと過ごせました。帰りにはユリに万華鏡のプレゼントが。早速『kaleidoscope』なんて英単語を覚えちゃってるユリでした。




・11月12日(金)
七五三のために岡山へ。実家近くの公園にある遊具(ターザンのようにぶら下がるもの)に前は1人で乗ることが出来なかったのですが、今回は問題なく乗ることが出来ました。




・11月13日(土)
七五三のお参り当日。写真屋へは8時入り。母娘共にヘアメイクと着付けをお願いしました。写真撮影も無事に終了。その後は吉備津神社へ。この神社は私も3歳の時に連れていってもらった場所。ユリは岡山に来ると駅各所で見る桃太郎に大興奮するので、桃太郎ゆかりの神社にして大成功。終始『桃太郎どこ~?』と言ってました。帰りに『旬や』でランチ。




・11月14日(日)
今の実家へは私が16歳の時に引越したのですが、1歳半頃からそれまで住んでいたエリアに遊びに行ってきました。児童館(当時は幼稚園の前のプリスクールみたいな感じだった)~高校まで一緒で、特に小学校の頃なんて毎日遊んでいたまあちゃん&あずきちゃん(あだ名)の2人に会いました。あずきちゃんには7ヶ月のとっても可愛い赤ちゃんもいて、旦那さんにも初めてお会いしました。ユリはあずきちゃんの家の前にある通称『A公園』で遊んでいたのですが、25年前には私達がここで遊んでいたと思うと、何だか感慨深くなりました。もう実家はこの辺りでなくてある意味残念だけど、出来る限りこっちの方面に来てみようという気になりました。

他にもユリは初のお泊まりを経験したり、友達一家と食事に行ったりなどいろいろとイベントがあったのですが、写真がないので書かないでおきます。

今週は木曜日に双子ちゃんのママMさんと銀座へお出かけに行きます。
最近のお気に入りソングThe Chordettesの『Lollipop』に合わせて、謎のダンスを披露してくれました。

リトミック&プリスクールで仲良くしている双子のAちゃん&Kくん親子と一緒に、主人の会社のある六本木ヒルズまで行ってきました。主人の会社はランチタイムにゲストを月に2組まで呼ぶことが出来るのです。ユリは主人の会社のロゴが好きで、アメリカの本社やイギリス支社に行った時も大興奮。以前は渋谷にあった主人の会社にも2回ほど遊びに行ったことがあり、今回のオフィスは初めてなので、ユリはとても楽しみにしていました。

Aちゃん&Kくん親子は私達より2駅前が最寄り駅。子供がいるので、乗る急行の時間や車両(一番後ろ!)を合わせて合流しました。この日はお互いベビーカーでの外出。Aちゃん&Kくんのベビーカーは海外仕様のダブルストローラーなので、1人乗りのよりもかなり幅広。急行は都内に近づくにつれ混んでくるのですが、何とか混みにくい場所を確保しました。

行きはあっという間に青山一丁目駅まで着きましたが、ここから目的地の六本木ヒルズまでが大変な道のりでした。まず青山一丁目でメトロ半蔵門線から都営大江戸線に乗り換えるのですが、エレベーターがないのです。もし普通のベビーカーなら階段では運んだり、エスカレーターならそのまま乗ることが出来るのですが、Mさん(Aちゃん&Kくんママ)のストローラーは幅広で、日本のエスカレーターには入らなかったのです。ここで私とユリだけ先にエスカレーターで下へ行き、Mさんがベビーカーを上に残して子供達とエスカレーターを降りました。それでMさんは子供達を私に残して再び上へ行き、再度ベビーカーをたたんでエスカレーターで降りてきました。これだけで10分以上かかりました。

無事に大江戸線に乗り、最寄りの六本木駅は青山一丁目から一駅目。ここはスムーズ。六本木駅では降車後左側に進むと『六本木ヒルズ』方面へ、右に進むと『東京ミッドタウン』方面に行くことが出来ます。私達は左の方へ行くべきだったけれど、目的のエレベーターがミッドタウン側にしかない!結局目的地に一番遠い方の出口を使わざるを得なかったのです。この地下鉄の駅から地上に上がる必要があるのですが、何と3回も違うエレベーターに乗り換えする必要がありました。私達2人のベビーカーは一緒に1台のエレベーターに入らなかったので、一組ずつ使い、普通の倍以上の時間がかかりました。

やっと地上に出て、ここから目的地の六本木ヒルズまで歩くこと約10分。やっとヒルズの前の交差点に着いたのですが、横断歩道はなくて地下道がありました。ここでもエレベーターを使いました。そして地下道を渡り、再度エレベーターで地上に戻ります。これでやっと場所的にはヒルズに着いたのですが、目的のメインエントランスのある2階へ行くのにまたエレベーター。主人との待ち合い時間まで少し時間があったので、子供服のお店や子供休憩室のある地下2階に行くのに、再度エレベーターを使用。このエレベーターにはMさんのベビーカーが入らず。子供を出してベビーカーを畳んで乗りました。六本木ヒルズって比較的新しいし、バリアフリーを売り文句にしてたり、海外の人もたくさん利用する場所なのに、エレベーターは日本の典型的な小さなもの。しかもこういう所に限って、エレベーターを必要としない若者がエレベーターに乗ってるし。私もMさんもくたくたでした。

やっと主人との待ち合わせ時間になり、オフィスへ向かいます。日替わりランチはバイキング方式なのですが、この日はお寿司や煮物などの和食がメインでした。ユリはおうどんがお気に入りのようで、Mさん親子と東京を一望出来る席で優雅にランチを堪能しました。ここの会社の人はみんなすごく気さくで、子供達にもマスコットの人形をくれたり、シールをくれたり、話しかけてくれたりします。みんな好きな場所で好きなように仕事をしてたり、息抜きにビリヤードやゲームをやったりしてます。私にはここで働くスキルはないけど、こんな職場で働きたいと思わせる場所でした。

会社内を少し見学したり、ソファーでコーヒーを飲みながら談笑していると、いつのまにか15時に。16時までには東京を出ようと思っていたので、ここで主人と別れて横浜に帰ることにしました。帰りはまた苦労してまで大江戸線に乗りたくなかったので、六本木ヒルズから青山一丁目駅まで歩くことにしました。歩き出してすぐに子供達は寝てしまったので、Mさんと話しながら歩きました。あまりに話に熱中してしまい、曲がる場所を間違えて渋谷駅近くまで来てしまったのですが、渋谷駅もまた子連れには不便な駅なので、表参道まで引き返して、そこから電車に乗ることにしました。帰りは子供も寝てたし、各駅で帰ることにしました。

子供達のお昼寝が遅めなので、途中の『たまプラーザ』という駅で下車し、子供が寝てる間にスタバでお茶をしました。子供達が起きたので、最近オープンしたボーネルンドのインドア遊び場で子供達を遊ばせ、夕食もついでにたまプラで済ませました。それで家に帰って来たのは21時頃!朝は10時に出たので、ほぼ半日外出してたことになります。ちなみにたまプラはエレベーターが広すぎるくらい広くて、ここが一番快適でした。やはり子連れ家族をターゲットにしてる場所だけあります。

今回改めてベビーカーでの電車おでかけの大変さが身にしみました。そして双子ちゃんママであるMさんの大変さが、私の何倍もあるというのにも気付き、前からいろんな面で習うことの多いMさんだったのですが、今回でさらに尊敬の念が沸きました。ちなみに今回のおでかけで、誰も助けてくれませんでした。これが当たり前というのが悲しいですが。


主人の会社内は撮影禁止なので、ヒルズの蜘蛛のオブジェの前で撮りました。




たまプラのボーネルンドにて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。