上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/31は私の30回目の誕生日でした。ついに30代の大台に乗りました。アメリカの友達だけではなく、ドイツや日本の友達、おまけに元生徒達からもメール、メッセージ、手紙などをもらい、本当に嬉しかったです。夫のクリスにはティファニーの指輪をもらいました。最初は無造作にラッピングされたプレゼントをもらったのですが、その中には千葉真一(アメリカではSonny Chibaというらしい)のブルース・リー調の映画のDVDが入っていました。別に誕生日にいい物を期待してたわけではないのですが、これを見た時は『クリスって趣味が悪いなあ~』と思いつつも『へえ~、こんな映画観た事ないな~。ありがとう。』と失礼のないように言いました。そしてDVDに付いていたカードを読むと『Just kidding!』と書かれてました。その後、きちんと包装されたプレゼントをくれ、それがティファニーのリングでした。それと共に入っていたカードにも日々子育てに追われる私への感謝の気持ちが書かれていました。ここ数週間はユリの下痢/おむつかぶれの事などでストレスがたまっていたり、猛暑でユリの寝付きが悪く寝不足気味だった私ですが、そんな疲れも吹っ飛んでいきました。クリス、本当にありがとう!

クリスの誕生日が9/10なのと、9/12から16までクリスの両親が住むオレゴンに行くので、バースデーディナーはクリスのと兼ねてオレゴンで行く事にしていたので(クリスの両親にユリをみてもらって)、今日は特に変わった事もせず普通の日曜日でした。まず昼食にMenlo ParkにあるCrepes Cafeでランチ。ここのウェイトレスの人は私達家族の事を覚えていてくれて、毎回ユリを可愛がってくれます(そんなに行かないのに)。その後はLos AltosのTrader Joe'sで買い物。スタバに寄って家路に着きました。家に帰ってからはクリスと交代でユリをみながら、引っ越しに向けてガレージの整理をしました。教師時代の物が多く、一生必要ないだろう物や日本に持って行けないだろう物が殆どでしたが、いざ捨てるとなると何となく思い出が詰まっているようで、それを振りきるほうが大変でした。結局3時間ほどかかって物を整理、処分しました。ちなみに生徒の一人がくれた写真(ちゃんとフレームに入れてくれている)を見つけたのですが、3年前の自分とその生徒が写っており、自分がここ10年で一番痩せてた時の写真でした。それを見て(最近おざなりになっている)エクササイズを頑張らねばと思った私でした

そんなこんなで私も30代の仲間入りを果たしました。
スポンサーサイト
2008.08.26 歩いた!!!
今日でユリは10ヶ月と5日ですが、なんと4~5歩(距離にして1メートルくらい)歩きましたよ。クリスも仕事から帰ってきていたので、2人でこの感動的なシーンを見る事が出来ました。(でもビデオに撮るのを忘れていたけど)

ユリも『何が起こったのかわからないけど、何か両親がはしゃいでる』と思ったのか、ものすごくご機嫌に歩いてました。私とクリスの間を10セットくらい歩いたかな。最後の方は疲れて足をジタバタさせて座り込んでましたけど。

まだ1メートルだけど、これから距離が延びてくるのかな。楽しみです。

ーーーーー
ところでユリの下痢の件ですが、だいぶ良くなってきました。下痢も1日4~5回の軟らかめのうんちがあるものの、ピーク時の30分~1時間毎に比べたらマシになりました。それに伴いおもつかぶれも赤みが無くなり、痛そうにする事はなくなりました。皮が剥けてたところが薄いかさぶた状態になってます。完全に治るまでは、シャワー、乾燥、zinc oxideのクリームを塗るというルーティーンを続けていきたいと思います。
最初の下痢の兆候が見られてからもう1週間以上になりますが、酷かった時(30分毎の下痢)に比べたらマシにはなりましたが、それでも1~2時間置きに下痢があります。夜の寝ている間の下痢は止まったので、前のように頻繁に起きる事はなくなりました。ただ下痢が続いていると完治してくれないのがオムツかぶれ。かぶれのせいで座れないし、おしっこの度に痛みで泣いているユリを見るのは本当に辛いです。昨日と今日はうんちー>シャワー ー>オムツ無しで乾かす(10分)ー>Zinc Oxideの薬を塗るー>オムツを着けるの繰り返し。ふと思ったのですが、下痢を治す薬とか処方してくれたらいいのにと思いました。こちらでは子供になるべく薬をあげないようにする医者が多いので、症状が悪化するまで何も特にしてくれないんですよね。でも月曜日までに下痢が良くなっていなかったら、もう一度医者に診てもらうつもりです。

ユリが辛い思いをしているんですが、実は私も風邪を引いてしまいました。頭がボーッとしているし、鼻づまり、体の節々の筋肉の痛み、たまに悪寒がします。いつもユリが風邪を引くと私もなるので、今回の下痢の原因は風邪だったのかも!?

そんな中ですが、ユリは10ヶ月目を迎えました。ここ1ヶ月で出来るようになった事ですが、

何かにつかまらなくても立ったり座ったりが自由自在に出来る。たっちは何にもつかまらなくても長時間できます。

本棚の物(特にDVD)を取り出して放り投げるのがマイブームみたいですが、昨日からそのDVDの箱(セットになってるタイプの)を自分の好きな場所に押して行き、それを台にしてさらに上の物を取ろうとしてました。危ないので途中で止めさせてますが、何度もやろうとします。

バイバイ(手を振って)が出来る(時もある)

階段を昇れる。家に階段がないのでわからなかったが、サンディエゴの親戚の家で階段をどんどん一人で昇って行ってました(もちろん万が一の為に私が後ろを付いて行ってたが)。

それくらいかな。それではユリの写真をどうぞ。 
IMG_2750.jpg
IMG_2749.jpg
IMG_2748.jpg
IMG_2758.jpg
IMG_2719.jpg
IMG_2717.jpg


先週の水曜日にサンディエゴから帰ってきましたが、その晩に寝る前のミルク後に嘔吐してしまいました。2時間前に食べた夕食も吐き、3回ほど続けて吐き続けました。その時は飛行場であげた新しく購入したベビーフードのせいだと思っていて、次の日には治るだろうと楽観視してました。その晩は朝方に頻繁に起きましたが、すぐに眠りに戻っていました。

次の日の朝、いつものように寝起きにおむつを替えようと思い、おむつを開けてみると
ものすごい量のうんちをしていました。寝ている間にうんちが出るという事は新生児以来なかったので、前の晩に思っていた食あたりがまだ続いているとばかり思っていました。

その日から平均して2時間、酷い時には30分~1時間おきの下痢。それでもユリはご機嫌でご飯も普段より少なめですが食べるには食べていたし、下痢以外は普段と変わらない様子。うんちはかなり水っぽかったり柔らかめだったり。でも血が混ざってるわけでもなく、要注意と言われる赤、黒、白色のうんちでもなく、食べた物の色が出ていました。

しかし下痢のせいで土曜日あたりから、おしりの周りがかぶれてきました。ワイプでこすらないようにし、ちゃんと乾燥させてから専用クリームを使った上でおむつを着けるようにしました。それでも全く治らず、日に日に悪化するばかり。おむつを替えたり、クリームを替えたりしましたが、かぶれはどんどん広がっていきました。もちろん下痢も1日に10回程度うんちをしていました。それでもユリは1日中ご機嫌でした。

月曜日に病院へ。行きつけの小児科医が不在だったので、他の医者に見てもらいました。彼女によると、赤ちゃんは自然にウイルス感染して、それで胃腸を悪くする事が少なくないとのこと。うんちも柔らかい/水っぽい以外は問題ないらしく、ユリの機嫌もいいし、熱も無いので、1~2日もすれば良くなっていくと言われました。おしりのかぶれもクリームを使い続ければ治っていくでしょうと言われました。

しかし下痢は全く良くならず、おしりのかぶれも火曜日の夜にはおしり全体に広がり、赤みが増していました。

そして今日水曜日。朝からユリは機嫌が悪く泣いてばかり。かぶれもおしりが真っ赤になる程に悪化。オムツかぶれ用のクリームをぬると、しみてるのか大泣き。うんちだけでなく、おしっこの後にも泣き始めるようになってしまいました。しかもおしりが痛いのか全く座ろうとせず、一日中立ってるかハイハイの姿勢。

さすがにワイプも使えなくなり、うんちの度にシャワーにしました。お湯の温度がやや冷たいくらいにしないと、泣いてしまうくらいの酷さ。今日一日で8回くらいはシャワーに入れたと思います。

ここまで来ると、様子をみておくだけというのがどうしても納得がいかなかったので、またまた病院へ。担当医がまた居なかったので別の医者にみてもらいました。

彼女の言った事は、
ウイルス/バクテリアなどで下痢になっている可能性は低いが(熱もないし、うんちの色などで判断して)、一応検査してみようとの事。

水分はしっかりあげる。

かぶれにはA+D Original Ointmentを使用する。

毎回うんちの後にシャワーに入れてあげて、30分ほどおむつを着けない。なるべくおむつなしで、おしりに空気が触れるようにしてあげる。

一時的な乳糖不耐症(生まれつきの人もいるが、赤ちゃんでは一時的になる子が多いらしい)の可能性があるので、ミルクをラクトース(乳糖)が入ってないのに変える。母乳にもラクトースが入っているが、一日に2度しか授乳してないのであげ続ければ良いとのこと。

さっそくTargetとWhole Foodsに行き、以下の物を購入。

A+D Zinc Oxide Diaper Rash Cream with Aloe
200.jpg

Seventh Generation Chlorine Free Diapers
200-2.jpg

Similac Sensitive, Lactose Free Infant Formula with Iron, Powder
200-1.jpg

今日は一日中立ったり、歩いたり、ハイハイで行動していたのと、一日中泣いていたので疲れたのか、お風呂の後のパジャマを着せてる間に寝てしまいました。そんなユリを見ていて、可哀想で胸が痛みました。とにかく下痢とおむつかぶれが早く回復の方向に向かってくれる事を祈るばかりです。
ラグナビーチ

ここはとにかく良かった~。もっと長くいて、ゆっくりと町を散策出来たらなと思ったくらい。元々知り合いからオススメの場所とは聞いていたけれど、行くのを決めたのはこのサイトを読んで。

この辺りにあるホテルは、一泊何十万もする超高級リゾートからリーズナブルなホテルまでいろいろ。私達が泊まったホテルはSurf & Sand Resort。値段も一泊6万円程度でお手頃。今回のホテル選びの基準は、ホテルがビーチに隣接しているという事。オーシャンビューの部屋があるホテルはいっぱいあるけれど、ビーチから案外遠かったりするのが結構多かったので、このホテルは客室が波打ち際から5~10メートルしかないというのが魅力的でした。

IMG_2621.jpg
IMG_2651.jpg
IMG_2650.jpg
私達が泊まった部屋からの眺め

ビーチに行く際は自分たちの好きな場所に、パラソルとビーチチェア、タオルをボーイさんがセットしてくれます。ウェイターの人が行ったり来たりしているので、ビーチチェアに寝転びながら好きな飲み物や食べ物をオーダー出来ます。部屋に戻りたければ、片付けはボーイさんがやってくれます。プールもビーチに隣接されていて、同じ様なサービスが受けられます。

カリフォルニアの横を流れるのは寒流なので、カリフォルニアではあまり海で泳ぐ人はいないのですが、ラグナビーチでは水がぬるめで、泳いでいる人もたくさんいました(クリスもその1人)。ユリはさすがに泳ぐには小さすぎるので、波打ち際で足を浸けたり、パラソルの下で遊んだりしてました。お昼寝があるので何回か部屋に戻りましたが、日中は殆どの時間をビーチで過ごしました。

IMG_2623.jpg
IMG_2625.jpg
IMG_2628.jpg
IMG_2634.jpg
IMG_2638.jpg
IMG_2666.jpg
IMG_2667.jpg
IMG_2668.jpg
IMG_2669.jpg
IMG_2672.jpg
IMG_2675.jpg
IMG_2676.jpg
IMG_2682.jpg
IMG_2683.jpg
IMG_2685.jpg


大変だった事は、ビーチに行く度にシャワーを浴びなければならない事と、服が必ず汚れるので毎回着替えをしなければならなかった事かな。とくにユリの服は2~3時間毎に替えてました。それから日焼け。ユリには念入りに日焼け止めをぬったので、何のトラブルもありませんでしたが、私やクリスは自分へ日焼け止めをぬるのをおざなりにしていたので、体の一部が赤くなってしまいました。文字通り『日焼け』してしまいました。

夜、ユリが寝てからは部屋のテラスでビーチを見ながらチーズと(シャンペンではなくてー授乳中で飲めないので)ダイエットスプライトをシャンペングラスに入れて頂きました。

ここは個人的にまた行きたい場所だし、他の人にもオススメできる場所です。
IMG_2690.jpg
IMG_2699.jpg


ーーーーー
この旅行、実は予算2000ドル以内に収めようと計画を立てたのですが、レンタカー、ホテル代、各々のレジャー施設入場料など全て合わせても2000ドルをちょっと超える程度にコストを抑える事ができました。

余談ですが、帰ってから歯医者で虫歯治療(しかもたった1本)に1000ドル近くかかりました。保険のカバーを入れて。入れなかったら4000ドルくらいかかっていたので、アメリカで一生歯の治療はやるまいと誓いました。だから旅行でお金をあまり使わなかったのに、歯の治療代に結局お金を取られてしまいました。ちなみに保険で600ドルで済んだ出産費用ですが、保険なしの実際の金額は帝王切開で$55,000(約550万)もかかったそうです。アメリカの医療制度には???と感じてしまいます。
1週間のサンディエゴ&ラグナビーチへのバケーションから昨日帰ってきました。旅行自体、本当に行って良かったなと思いますが、やっぱり家が一番落ち着きます。詳しい旅行記は書きませんが、要点をまとめて書きたいと思います。(4つが最高)

エアポート
マイレージを使ってチケットを得たのですが、サンフランシスコからサンディエゴに行くかJohn Wayne Airport (Orange County)に行くか迷いました。結局ラグナビーチに近いJohn Wayne Airportにしたのですが、ここは本当にオススメ。こじんまりとしていて、とにかくキレイ。トイレもファミリールームがあるので、現在困難を極めているおむつ替えもラクチン。カウンターの人はもちろん、荷物検査の人までとにかくフレンドリー。過去にLAXやBurbankエアポートを利用した事がありますが、John Wayne Airportとは雲泥の差。次回も是非利用したい空港でした。

レゴランド
全く興味がないままに行った場所でしたが、レゴで作られた建物などだけではなくて、子供向けの遊園地みたいになってました。2歳~小学校高学年くらいなら、かなり楽しめる場所かもしれません。ユリにはちょっと早過ぎましたが、また将来ユリを連れてきたいなと思わせる場所でした。IMG_2473.jpg
IMG_2487.jpg
IMG_2493.jpg
IMG_2495.jpg
IMG_2506.jpg
IMG_2507.jpg


シーワールド
ASPCAPETAに毎月お金を寄付している私達夫婦ですが、実はシーワールドのシャチやイルカのショーがあまり好きではないんです。でも一応サンディエゴに来ているしって事で行ってきました。予想通り、あまりいい場所ではなかったです。この旅行の中で唯一行かなければ良かったと思った場所。まず人の多さが半端じゃない。入るのにバッグの中身をチェックするので、入る前から待たされる始末。様々な場所でショーが行われていたが、元々興味がなかったので見ていない(というかみるのに1時間以上、炎天下で待たされる)。中のキオスクでビールを売ってるのも嫌だった理由の一つ。一番嫌だった理由は、シャチの水槽が小さすぎる事。背びれの部分が曲がっていました。これは水槽が小さ過ぎたり、深さの無いプールで飼育されているシャチに起こる事らしいので、可哀想でなりませんでした。他にもいろいろ見ましたが、モントレー水族館や海遊館の方が何倍も素晴らしかったです。あえていうなら、皇帝ペンギンとマナティーだけは楽しめたかな。多分二度と行かない場所。ユリの機嫌も何故か一日中悪かったです。IMG_2509.jpg
IMG_2533.jpg


サンディエゴ動物園
上記の理由であまり動物園も好きではないんですが、ここはシーワールドに比べると格段に良かったです。パンダやコアラなど珍しい動物も見る事ができたし、アフリカゾウとインドゾウが仲良く遊んでいる場面をみたりして、今まで行った動物園の中ではよくできた場所だと思います。ただ野生の場合と比べて狭い場所に入れられているのにはかわりがないので、同じサンディエゴ動物園が所有しているWild Animal Parkの方が個人的にオススメ。あと園内をバスが行ったり来たりしていて、歩行者には危ないし、動物にはうるさいし、何で案内をバスでする必要があるのか謎。ユリにはちょっと早かったかな。興味津々に見てるときもあれば、そっぽを向いてる時もあったし。IMG_2548.jpg
クリスの伯父さん(クリスのお母さんの兄)ークリスの両親は元々サンディエゴ出身
IMG_2550.jpg
IMG_2563.jpg
IMG_2569.jpg
IMG_2584.jpg
IMG_2585.jpg
IMG_2586.jpg
IMG_2594.jpg


食べ物
ラップトップを持って行ってたので、yelpで評判のいいレストラン、カフェ、フローズンヨーグルト屋などいろいろと行きましたが、基本的にベイエリアの方がレストランのレベルが高いように思いました。


クリスの叔父さんの家に泊まっていたのですが、彼らの家はCarlsbadとEncinitasの境界線あたりにあり、高級住宅街の一角にありました。それでかどうかわかりませんが、白人ばっかり。アジア人の多いベイエリアに慣れていたので、とても変な感じがしました。保守的な人が多いらしいのですが、基本的に皆フレンドリーでした。でもベイエリアの方が基本的に落ち着くかな~。IMG_2612.jpg
クリスの叔父さん(クリスのお父さんの弟)と奥さんと従兄弟
IMG_2466.jpg



とにかくデカイし、庭もあって広々としている家が多いsouthern california。それなのにベイエリアより家の値段が安い。1億あっても狭い家しか買えないベイエリアと違い、プール付きの広々とした家がちゃんと学校のレベルの高い場所に買えるのはうらやましい。IMG_2616.jpg
IMG_2618.jpg


続く。。。
IMG_2599.jpg



2008.08.06 新しいお友達
今日はサンフランシスコからお友達が来てくれました。リエちゃん(ママ)とルナちゃん(10ヶ月)。ミクシイを通して出会ったんだけど、ママのリエちゃんと私は多くの共通点があって、会うのを楽しみにしてたんです。何が共通点かというと、

同郷。リエちゃんはJ高校出身、私はI高校出身。リエちゃんの高校は私の実家に近い所にあるし、お互いの実家が結構近い。

ここアメリカでどちらも教員という仕事をやっている。リエちゃんは中高一貫の学校で日本語を教えている。私は中学校で代数幾何。

ルナちゃんとユリの年がちょうど1ヶ月違い。

ついでにいうと、夫同士の名前が一緒。

最初の二つが大きいかな。話す事が尽きなかったです。

それはさておき、今日は4人でLos AltosのCraveryにランチを食べに行き、その後はうちでリエちゃんが持ってきてくれたケーキを食べながらお茶を頂きました。ユリとルナちゃんはお互いのおもちゃが気になる様子。ユリは何故か今日はおもちゃを取られると泣き始めるばかり。それで私に抱っこの催促。いつも笑顔元気のいいルナちゃんを横目に、ユリは機嫌が良くなったり悪くなったり。それでもママ同士、アメリカの教師ならではの話や地元の話などで盛り上がり、あっという間に3時間半が過ぎてしまいました。ユリもルナちゃんもお昼寝が15:00からなので、15:00にはルナちゃん達がSFに帰って行きました。

これから頻繁に会っていけたらなと思ってます。
IMG_2433.jpg

IMG_2431.jpg

IMG_2437.jpg

IMG_2439.jpg

IMG_2444.jpg

IMG_1000.jpg

IMG_0998.jpg

IMG_0990.jpg

IMG_0992.jpg


2008.08.04 久しぶりに
映画を観に行ってきました。『The Dark Knight』。新しいバットマンの映画です。
前作『Batman Begins』に引き続き、今回も名作でした。joker役のヒース・レジャーが
この映画の役作りに苦労して睡眠不足に陥って、結局薬物中毒で亡くなったらしいという話を
聞いていたのだけど、彼の演技は周りの名優に負けず素晴らしいものでした。

ちなみに前回映画館で映画を観たのは、1年以上も前の事。子供が生まれると簡単には
観に行けません。今回はベビーシッター(ユリの行っているGymboreeの先生とその娘)さんに来てもらって、どうしても観たかったこの映画を観る事ができました。本当はベビシッターとかナニーとか嫌だったんだけど、月1で3-4時間位ならいいかなと。ユリはずっとご機嫌だったようですが(一番機嫌の良い15:00から19:00まで来てもらった。お昼寝もさせてくれてました!)、私達が家に帰った瞬間に泣き始めちゃいましたよ。赤ちゃんながら、気を使って泣かないように頑張ってたのかな。

どうでもいい事ですが、今朝歯医者に久しぶりに行ってきました。でも痛み止めの注射のせいで、今日は授乳ができません。搾乳して、取った母乳を捨ててます。明日からは普通に授乳ができるんですけどね。

本文と関係ないですが、ユリの写真を。。。
IMG_2382-1.jpg

IMG_2389.jpg

IMG_2376.jpg

IMG_2372.jpg

IMG_2369.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。