上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.29 6ヶ月検診
6ヶ月8日目

今日は6ヶ月検診でした。身体測定の結果、

     身長:68cm
     体重:7480g

でした。身長は前まで30%tileくらいで低いほうだったのに、一気に80%tileまで上昇。体重は55%tileでした。頭囲は30%tileで小さめらしいですが、生まれつき決まってるらしくて、これからもあまり変化はないようです。

優莉は前回に引き続き4本の注射を打たれました。最初は痛みと驚きで泣いていたものの、1分もあやせば泣き止んでくれました。

お医者さんによると、これからはアクティブになるので消費カロリーが多くなり、体重が減る事があるので、気をつけよとの事。それから母乳だけでは鉄分不足になるので、離乳食で補ったり、フォーミュラを1日1回でもあげるとよいとの事でした。今は昼にコップ飲みの練習でフォーミュラをあげてるのと、離乳食のライスシリアルに鉄分が入っているので、それを続けていけば良いみたいです。それと離乳食で便秘になりやすいらしいので、ライスシリアルの変わりにオーツシリアルをあげればいいみたいです。幸い、うちの優莉はバンボチェアのおかげで便秘知らずですが。

何はともあれ、順調に育ってくれてるみたいで安心です。
スポンサーサイト
2008.04.29 優莉の一日
6ヶ月8日目

6ヶ月目に入った優莉ですが、やっと一日の過ごし方が定まってきました。もちろん違う時もありますが、大体こんな感じです。

6:00am頃 添い寝でおっぱい
6:30am 起床
6:30am-7:00am ベッドの上で一人で遊んでいる。
7:00am 一人遊びに飽きて、パパママを起こそうと髪をひっぱたり、顔を叩いたりする。
7:00am-8:00am パパに絵本を読んでもらったり遊んでもらったりする。ママはシャワーや家事その他。
8:00am-8:30am 近くのスターバックスまでパパとお散歩。帰りに眠りに入る。
8:30am-9:30am お昼寝1(1時間より短い時がほとんど)
9:30amから10:00amの間 パパ出勤。
9:30am-11:00am おっぱい。ごきげん。ママと遊んだり本を読んだり。
11:00am-12:10pm お昼寝2。起きておっぱい
12:30pm-1:30pm Gymboree。帰りの車でまた眠りに入るけど、10分程度しか寝ない。
1:30pm-3:00pm ごきげん。ママと遊んだりお散歩。ママが買い物に行くのもこの時間。おっぱい
3:00pm-4:00pm お昼寝3
4:00pm-5:00pm ごきげん。
5:00pm-5:30pm 離乳食。パパ帰宅。
5:30pm-6:30pm パパと遊ぶ。
6:30pm お風呂
7:00pm-翌朝6:30 おっぱい。就寝。寝る。途中1-2回起きる。おむつを替えておっぱいで寝る。

Gymboreeがない日は、お昼寝2がもっと長いです。それから朝からお出かけすると、お昼寝2の時間がずれます。
おっぱいは約3時間ごとで、一日5~6回。お昼寝の時間に寝付きが悪い時は添い乳をする。(これはアメリカでは絶対にダメな事らしい)

IMG_1509.jpg
2-3日前からパクパク離乳食を食べてくれるようになった優莉。この日食べてるのはアボカドのペースト。ママ友によると、アボカドは赤ちゃんにとって完全栄養食らしい。

IMG_1542.jpg
Gymboree レベル1最後の日

IMG_1547.jpg
この日はパパもGymboreeに参加。

6ヶ月6日目

Uncle Adam(優莉のパパの弟)とAuntie Sarah(アダムの彼女)が、ロサンゼルスから遊びに来ました。

IMG_1529.jpg


IMG_1528.jpg


IMG_1535.jpg


IMG_1539.jpg


サラはUSC(University of Southern California)の大学院に通ってて、優莉と遊びながら、暇さえあれば宿題をしてました。私も大学院に行ってた時そんな感じだったのに、大変そうって他人事の様に彼女の姿を見てました。

閑話休題、優莉はアダムとサラにずーっと遊んでもらって、ごきげんでした。最初は人見知りで抱っこされるのが嫌で泣き叫んでましたが。
Gymboree Play & Musicは赤ちゃん/幼児用の教室の事。

レベルが何段階かあって、うちの優莉はレベル1。1クラス45分程度で、お母さんが赤ちゃんを触ったりしながら歌を歌ったり、赤ちゃんを仰向けにして寝転ばせて、先生がシャボン玉(赤ちゃんにも安全なもの)で部屋をいっぱいにしたり、いろんなアクティビティーを行うクラス。

優莉のお気に入りは、そのシャボン玉のとTummy Timeと呼ばれる、赤ちゃんを敷かれた鏡の上でうつぶせにさせるというもの。
IMG_1445.jpg
写真左の子イザベルちゃんは4ヶ月。ママがオーストラリア人。自分の事見つめてます。写真右の子は優莉と同じ6ヶ月のジュリアちゃん。パパがイギリス人でママがブラジル人。ジュリアちゃんが優莉の手を握ってるのが可愛い

IMG_1446.jpg
ちょっとピンぼけしてますが...

IMG_1448.jpg
先生がこのボールを鏡の上でくるくる回してくれる。

もう少しでレベル2に行けそうです。
2008.04.23 お得な買い物
6ヶ月2日目

うちの家はフローリングなんだけど、床で遊びたい優莉にはちょっと固すぎ。優莉の部屋はラグを敷いてるけど、リビングに新たにラグを買うか、子供用のマットを買うか悩んでいました。子供用のは衝撃を吸収するタイプのを買おうと思っていたけど、アメリカではなかなか見つからず、日本では欲しい広さを買うと1万円以上もするので躊躇していました。

でもGymboreeのママさんから、ある(普段絶対に私が行かなそうな)お店で15ドル(1500円程)で売ってるとの事。さっそく先週末行ってきました。

ありましたよ。ちょっとハデだけど36枚入り。それがコレ

IMG_1489.jpg

これは滑り止めの効果もあって、もちろん防水加工もしてあるから便利。

そんなマットの上で遊ぶ優莉の写真をどうぞ。
IMG_1479.jpg


IMG_1483.jpg


IMG_1485.jpg


IMG_1493.jpg
支えなしで数秒間なら座れます。でも倒れても大丈夫なように、(もう本来の役目を終えた)授乳クッションを使用

IMG_1494.jpg


IMG_1499.jpg
ほら、疲れて倒れても大丈夫!
6ヶ月(ハーフバースデー)という事で、パパとママのお気に入りのDraegersのフルーツタルトでお祝い。

IMG_1449.jpg
ロウソクが6本あるのは6ヶ月という意味で。

IMG_1450.jpg

IMG_1454.jpg

IMG_1453.jpg


もちろん優莉ちゃんは食べれませんから、パパとママで美味しく頂戴しました
今日でちょうど6ヶ月の優莉ちゃん。

6ヶ月検診は来週なので、身長は??? 体重は家にあるベビースケールによると7460gでした。

そんな優莉ちゃんは、
寝返りや寝返り返りの技を駆使して、いろんな所に移動する。
手で物を掴んで遊ぶのがとてもうまくなった。
携帯電話で遊ぶのが好き。
絵本が好き。朝はパパ、夕方はママが本を読む。集中してジーッと見たり聞いたりしている。
お風呂が大好き。裸になるとゴキゲンに。
ほぼ一人でおすわりができる。
うつぶせだと360度回転できる。後ろに何かあるとずり這いも少しできる。
お腹が空いたら、『munch, munch, munch』が言える。
水の流れる音や拍手が好き。
よだれがすごいが、まだ歯は生えてない模様。
鏡で自分の姿を見るのが大好き。
よく笑う。0歳児のクラス(Gymboree Play & Music)でも、優莉以外の子はほとんど笑わないから、先生がいつも優莉をかわいがってくれる。
夜は7~8時の間に寝て、朝は6時半から7時の間に起きる。途中1~3回起きる。一人では寝ないから、抱っこかおっぱいがないとダメ。クリブでは寝ない。パパとママのベッドで寝ている。(優莉の小児科の先生に怒られそう...)
お昼寝は2~3回やる。最近やっと1時間ずつ寝てくれるようになった。でも時間はバラバラ。

そんな感じでしょうか。

それにしてもあっという間です。この前生まれてきた感じなのに、もう半年経ってますからね。ママの体重は戻ってませんがね
離乳食を始めて2週が過ぎ、ライスシリアル、人参、さつまいも、かぼちゃ、リンゴを食べてくれるようになった優莉。スプーンが近づくと、口を開けて食べて『マン~マン~マン~』っていう声を出しながら食べてくれていた

で、昨日は体に良さそうなグリーンピースのペーストをあげる事に。
でも食べさせた瞬間、顔がしかめっつらにあからさまに不味そうな顔。
その後も一応食べてはくれたけど、嫌々だったのが明らか。

そして今日、昨日と同じく嫌そうにグリーンピースを食べる優莉。
やっぱり途中で泣き始めて、食べるのを断固拒否
仕方がなく友達の子供の多くが大好きなバナナをあげる事にした。でも口をあまり開けてくれず、こっちが笑わせて口が開いた瞬間にスプーンでバナナペーストを口に入れていた。

案の定、泣き始めたので終了。その後離乳食用エプロンを取ってる最中に、食べたものを全部吐いてしまった

吐いた後は、さっきまでの泣き顔とは打って変わってルンルンな優莉。でも心配で授乳しようと思ったけど、ぜんぜん飲む気無し。で、朝食べなかったので夕方5時にもう一度挑戦。今回はライスシリアルにリンゴ。ちゃんと食べてくた。でも量はそれぞれ大さじ1程度。

日本式に朝あげてたけど、夕方の方がよく食べてくれるみたい。
今週からお豆腐とかタンパク質をあげようかなって思ってたけど、少し待った方がいいかな。
2008.04.18 お気に入り
5ヶ月28日目

あと3日でハーフバースデーの優莉ちゃん

最近のお気に入りは『オズの魔法使い』のDVD。
oz.jpg


でも全部じゃなくてmunchkinsのシーンだけ。このシーンは歌がほとんどで色もカラフル。しかも歌詞にはいろんな副詞が多くて、聞いてても押韻してておもしろい。あとボキャブラリーも豊富。『aver』なんて言葉はアメリカに長くいるけど、一度も使った事なかったし。副詞の所も英語に困らない今でも上手く言えない『thoroughly』とか、普段私が滅多に使わない『undeniably』や『merely』など私も勉強になるものがいっぱい。

munchkins-and-dorothy.jpg
Mayor of Munchkin City

Munchkins.jpg
Munchkins

munchkins2.jpg
Lollipop Guild

他の歌のシーンは全く興味なし。テレビは見せない主義には変わりないんだけど、このmunchkinsのシーンだけは見せてもいいかな、と。

私も歌を覚えてしまいそうです。
今週はこのエリアの小中高の春休み。
友達にも先生が多いから、月曜からいろんな人に会いに大忙しの私と優莉。

昨日も前の学校からの知り合いで、家族ぐるみでお付き合いのあるマリアとサンマテオのラーメン屋、サンタでお食事。

優莉も連れていったんだけど、お店でたくさんの人に可愛いと言われ、私も優莉もゴキゲン

車も日陰に停めてたし、帰る前に授乳して行こうと思ったけど、優莉はちょっとハイパーで、全然飲む気なし。しかたなくそのまま帰る事に。でも途中でやっぱりお腹が空いてる事に気付いた優莉は、例のごとく愚図って来て、フリーウェイを降りる頃にはギャン泣きに

フリーウェイを出た後、左に行けばパパの会社が1分くらいの所にあって、右に行けば5分ほどで家に着く。でもあまりに優莉が泣いていたので、パパの会社の駐車場に停めて少し落ち着かせてから帰ろうと思ったのが間違いでした。

パパと待ち合わせで屋内駐車場に停める事にし、まず優莉を車から出してパパに。車から出てホッとしたのか、泣き止んでくれたのはよかった。でも私は

そのまま車を駐車しようとして、車の右側を思いっきり柱にこすり付けてしまった...

見たら白いラインが何本も付いてるし、もちろん少し(いや結構)凹んでる。一応昨年の8月に買ったばっかりなのに。優莉が乗ってなかったのが幸いだけど、それから『あの時家に帰っとけばよかった』と自分を責め続けてました。

そのあとGoogleでスムージーを飲んだりしたけど、味も何も楽しめる気分じゃなかったよ。パパは『きれいに直してくれるから大丈夫』とか言って励ましてくれてたけど、出てくる言葉は『本当にごめん』ばっかり。それから家に帰ってもずーっと凹んでました。って、今でもそうです。今は朝の4時半だけど、車をぶつけてどうしようって思ってる所を夢でまた見て、それから寝れなくなっちゃいました。

こればっかりは後悔してもどうしようもないけど、ホントに今ブルーです。
2008.04.16 オススメ
私や優莉が愛用している物や、便利なオススメ品を紹介します。

バンボチェア:これに優莉を座らせると、必ずうんちが出ます。便秘になる赤ちゃんが多いなか、うちの優莉はこれのおかげで便秘しらず。

Mustela PhysiObébé No-rinse cleansing fluid:よだれや離乳食の汚れを綺麗に落としてくれます。コットンに含ませて優しく拭くだけ。香りもグッドおむつ替えにも使えるみたいだけど、私は顔専用にしてます。

アトピタシリーズ:定番中の定番。日本に帰った時に、あるベビーシャンプーを使って軽い脂漏性湿疹になった優莉。アトピタシリーズにしたら、即治った。

抱っこひも:うちはパパがベビービョルン、私がオケタニ抱っこひもと決めてます。スリングもあるけど、あまり使わないかな。

Orbit ベビーカー&カーシート:ベビーカーの上半分がカーシートにもなる優れもの。席が360度回転するのも。買い物へ行くと、よくみんなから良いコメントをもらえます。友達によるとハリウッドの有名人も結構使ってるらしいハル・ベリーとか。

Robeez Shoes:小児科医が推薦する靴。一足一足、職人さんが手作りしてるらしい。

BabyLegs:レッグウオーマー。こっちでは本当に重宝するもの。おむつ替えの時に取らなくていいし、着脱も簡単!

Baby Gapのパジャマ:着させやすいし、何と言っても値段がお手頃。しかもセールもよくやってるから、家に大量にある。

Boudreaux's Butt Paste:いろんなクリームを使ったけど、これが一番良い。白いカスとかも残らないし、おしりをかぶれから守ってくれます。Targetでいつも購入。値段もお手頃。


まだまだあるけど、とりあえず今日はここまで。
2008.04.16 凶器
5ヶ月26日目

あと1週間弱で早くも6ヶ月になろうとしてる、うちの優莉。3ヶ月頃から夜7~8時に寝て、朝は7時きっちりに起床。

昨日、私は教師友達とディナーの約束があって、お風呂を早めに入れ、寝かしつけはパパにやってもらいました。でも6時半には寝入ってしまったらしくて、案の定、朝6時には目が覚めちゃってました。

私もパパも寝るフリ(というか半分寝てた)をして、優莉を寝かそうとしてたけど、それがつまらない彼女は足をバタバタさせたり、顔をつねったり。そしてついに、

                  ガリッ

という大きい音とともに私の顔に痛みが!それで目が完全に覚めて、恐る恐る鏡を見る私。顔に出来てました、Vサインが。思いっきり引っかかれて赤く腫れ上がってました。化粧水はしみるし、コンシーラーでも隠しにくいし。(マンガじゃないですが)トホホです。

赤ちゃんの爪って驚異的なスピードで伸びるんだけど、昨日『そろそろ爪切らなきゃーねえ』ってのんきに思ってたら、この有り様。即、爪を切ってあげました。

5ヶ月23日目

離乳食を始めて1週間ちょっと。日本式に手作りで頑張ろうと思っていたけど、結局アメリカ式に始めた私。日本では離乳食は手作りという風潮になってるけど、アメリカでは離乳食は買うものみたい。

アメリカではライスシリアルというパウダー状のお米に、母乳やフォーミュラをまぜてドロドロ状にしたものがメイン。おかゆや母乳のみでは不足しがちな鉄分も含まれている優れもの。ベビーフードもかなり充実していて、手間がかかる離乳食をあえて作らずに買うのもわかる気がする私。

うちのユリは難なくライスシリアルをクリア 次のにんじんペーストは手作りにしようと、わざわざオーガニックの人参を購入したが、アメリカの本を読むと『にんじん、ビーツ、(何か忘れたが、その他3~4種類くらいの野菜)は貧血を起こす成分が、調理しても取り除きにくいから、手作りするな』と書いてあったので、結局にんじんペーストも購入。ユリはあまりにんじんペーストが好きそうではなかったけど、一応クリア。

次はタンパク質のはずだけど、少し待とうかどうしようか考え中。日本では3週目くらいからあげ始めるみたいだけど、アメリカでは8ヶ月くらいからだとか。誰かに日本人にアトピーが多いのは、タンパク質を早くからあげすぎてるからと言われた事があったっけ。

離乳食をあげる時間も、日本では朝、アメリカは夕方。2回食にするのも日本ではあげ始めて様子をみながら(1ヶ月くらい経ってから)、アメリカは3日目から。うちはこれは日本式。

いろんな情報があるから、どれが正しいのか不明だけど、ユリや自分に無理の無いように両方のいいとこ取りをして行こうかなと思う。

明日はかぼちゃのペーストをあげてみよっと。
2008.04.13 おむつ
アメリカのおむつはメジャーなものでPampers、Huggiesなどがあって、その中でもPampersは体重によって"Swaddlers" "Cruisers" "Baby Dry"などがあります。うちのYuriちゃんは病院に居た頃からSwaddlersを愛用していました。

日本ではメリーズ、ムーニーを使用して、その吸収力と使いやすさに感動

日本から帰ってSwaddlersの次のCruisersを購入。でも1日も経たないうちにものすごいおむつかぶれになってしまいました。クリームを付けたり、完全に乾燥するまで待ったりしたけど、どんどん悪化。Amazonのレビューを見ても同じ人がたくさんいてびっくり。結局Huggiesはゴワゴワ過ぎて敏感肌のYuriにはダメ。残りはPampers Baby Dryのみ。

Baby Dryは一番心配していたおむつかぶれはなし。でもどんなに留め方を変えても、うんちだと100%の確率で漏れちゃいます

だから最近はうんちの時間を見計らって汚れてもいい服に着替えさせたり、お出かけ時だけは近所の日系スーパー、Mitsuwaで購入した日本のGenki!を使用。これパンパースに比べて2倍の値段だけど、外出時にうんち漏れするよりはマシ。

ああ~日本がいいなあ。
育児系のブログをやってる人は生まれてからすぐに始めてるみたいだけど、うちのYuriはもう5ヶ月なので、今までの成長記録をまとめてみました。

Birthday:2007年10月21日、Lucile Packard Children's Hospital at Stanfordで2948グラム、48センチの女の子が生まれる。横位の為、帝王切開。Yuri Adelaideと名付ける。
IMG_0130_convert_20080413153637.jpg


1ヶ月:52cm、4400gに。この頃はまだ混合だったから、体重が一気に増加。
IMG_0460_convert_20080413155653.jpg


2ヶ月:55cm、5200g。この頃から完母に。2時間毎に起きていたのが、夜通しで寝るようになった。
IMG_0710_convert_20080413160136.jpg


3ヶ月:58cm、5900g。首がすわる。完母になったのはいいが、哺乳瓶を私から受け付けなくなる。他の人がやると少しなら飲む。1ヶ月ほど日本へ。
IMG_0846_convert_20080413160400.jpg


4ヶ月:62cm、6800g。寝返り&寝返り返りが出来るようになった。うつぶせだと同じ場所で方向回転できる。
IMG_1023_convert_20080413160712.jpg


5ヶ月:63cm、7000g。たっちもどきが出来るように。日によって3時間ごとに起きたり夜通しで寝たり。5ヶ月半で離乳食開始。人見知りが始まる。
IMG_1084_convert_20080413160953.jpg

IMG_1261_convert_20080413162644.jpg

はじめまして、みなさん。この面倒くさがりの私がなんとブログデビューです。

子供が生まれて以来、何かわからない事を調べる度に検索結果にいろいろな人の育児関係ブログが出てくるのに気付きました。そのうち3-4つは毎日更新を楽しみにしてるほど情報満載でおもしろいサイトで、自分でも『ブログ始めようかなあ~』と思いつつ5ヶ月が経ってました。

他の人のブログを見て、自分もやろうと思った一番の理由は、子供の成長記録が残せる事。ちょっとした日々の変化も書き留めておけるから、もっと前からすれば良かったなと。

最近になって、やっと育児も落ち着いてきたので、これからこまめにブログを更新できたらと思います。

プロフィール
英語に出会ったのは遅くて、中学1年の英語の時間。学校に来るALTの外国人の先生方と交換日記をするくらい英語が好きになりました(今でもそのうちの3人とは友達)。趣味で和英辞典を読むくらい英語が好きになりましたが、かといって英語の成績は特に優れてもなかったです。高校の時のALTの先生の後押しがあって、97年の春に渡米しました。ロサンゼルス出身の彼女の助言や、中学校の時のALTの先生が近くに住んでいるという事もあって、アメリカオレゴン州のEugeneという町にあるUniversity of Oregonに入学しました。

大学を2001年に卒業。卒業の際に、Stevenson Prizeという賞をいただきました。これは大学の数学科にある4つの賞のうちの一つで、複数の教授から推薦がないともらえない栄誉ある賞なのです。この大学で、数学の楽しさを教えてくれたイスラエル出身の数学教授がいるのですが、この当時から今でも家族ぐるみで仲良くさせてもらっています。

その後、主人の仕事の関係でニューヨーク州のAlbanyという町に引越しました。1年の専業主婦を経験。でもupstate new yorkにほとんどアジア人がいないので、その生活に嫌気がさし、Albanyエリア以外にある大学院に進む事を決意。これも上の高校の時のALTの先生の助言で、教育学ではトップ3に入るStanford UniversityとColumbia、NYCに住んでみたかっただけの理由で願書を送ったNYU他数校に願書を送り、上記の3つの院に合格してしまった(ちなみに落ちた所は全部州立。なんで~?)。本当はColumbiaのTeachers Collegeに行きたかったのだが、夫の反対(治安の問題で)でStanfordに行く事を決意。

大学院では午前中に教育実習、午後は夜まで授業、深夜過ぎまで宿題やらレッスンの準備やらのとてつもなく忙しい生活。周りもみんな有名大学から来てるエリートばかりなので、授業のディスカッションとか大変でした。本当は2年のプログラム(他校ではそう)を1年に凝縮してるのと、教員免許プログラムだけじゃなくて修士号のプログラムもこなしていく必要があったので、多分今までで一番頭を使った1年だったと思います。翌年、修士号と中学・高校数学&日本語免許を取得し卒業。その後、ベイエリアの公立中学校にて、AlgebraとGeometryを教える。

2007年に娘を出産。

5年間の教師生活の後、日本へ引越す。

・1997年:渡米。その夏に主人と出会う。University of Oregon入学。
・1999年:結婚。
・2001年:卒業。NYに引越す。
・2002年:Stanford University大学院に入学。
・2003年:卒業。ベイエリアの公立中学校で7、8年生を主に指導し始める。
・2007年:緊急帝王切開で娘を出産。
・2008年:日本へ引越す。

現在、専業主婦です。
2010~2011年に再び渡米する予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。