上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.28 仕事復帰#2
先週の水曜日(24日)から生徒が来始めました。学校初日は半日スケジュール。1~7時間目までそれぞれ30分しかなく、クラスの説明や詳しいことが書いてあるsyllabusなどを渡したりして、あっという間に1日が終わりました。アメリカの学校では、クラスのルールなどが書いてあるsyllabusなどと共に、それを読んで同意するとの旨が書かれたcontractを用意します。親と生徒両方にサインさせ、何か後に問題があったらこのcontractを出して話が進められるようになっています。アメリカらしいですよね。



25日からは朝8時20分~午後3時3分までみっちり普通通りの授業。今年は6年生のクラス4つ、8年生のクラス2つ。6年生のクラスは1クラス32人前後の大きめのクラス、8年生は18人くらいの小さめのクラスです。6年生は過去に教えたことのない年齢層で、ある意味未知な世界でしたが、とても可愛らしくて素直。先生の言うこともちゃんと聞くし、数学のゲームなんかすると大盛り上がり。中学生と言えども、まだまだ子供らしくて可愛いです。私の受けもつ約120人の6年生のうち、日本人や日本人とのハーフ、日系人の子が10人前後いて、日本語で話してくれたりするのも何だか嬉しいです。



6年生と全く雰囲気の違うのが8年生。過去にずっと8年生を教えていましたが、大体は中学でもトップクラスの子達を受け持っていました。今回は下の下のクラス。6年生も7年生も数学でFを取った生徒ばかり。8年生でもパスしないと、高校に入ってからも同じクラスを受けることになるので、今年はほとんどの子が数学は苦手でも真面目。でも2~3人は学校中の先生達の間でも悪評のある生徒。でも私はこう見えて厳しいので、こんな子達の扱いは慣れてます。こういう子には『きちんとしなければ、independence study(一人でワークブックをひたすらやる)をさせるわよ』というと効き目あり。アメリカでは先生の言う事を聞かずに他の生徒に迷惑をかける子には、シビアな罰が待っています。



さて仕事は段々と軌道に乗ってきましたが、朝6時起き、家を7時に出て、8~3時まで7時間みっちり働いてという生活で、家に帰ってからは一気に疲れが... 夜は9時過ぎると眠気で耐えられなくなるので、ユリと一緒に6時半頃にお風呂に入っちゃいます。早寝早起きで良いといえば良いのですが、金曜日には1週間の疲れでかなりクタクタになります。先週1週間で1.5キロも痩せてました。



今週は月~金まで毎日仕事ですが、来週末は3連休。今週も頑張ろうと思います。
スポンサーサイト
2011.08.11 仕事再開
17日(水)から4年ぶりに仕事を再開しました。



今回働くのはBelmont-Redwood Shores School Districtというところにある、Ralston Middle School。大学院後、初赴任した学区であるSan Mateo-Foster City School Districtとは隣同士であるけれど、それぞれの学区の個性ややり方などが違って興味深いです。一番大きなことは、前者は州の経済や財政状況が悪化しても常に一定のお金が入って来るシステムになっていて、後者は州の影響をもろに受けるということです。そこに住んでいる人達の税金に対する態度や周囲の会社のdonation(=寄付)の量も関わってくるのですが、前者はあのOracleの本社があるので、あそこが大量のお金を寄付しているそう。そして住民には常に学校側に入るような税金も課せられているそうです。



私の今回働くRalston Middle Schoolと以前働いていた二つの学校(Bowditch Middle School, Bayside Middle School)を何となく比べてみますね。



Ralston:  

API: 893



Students:

White 56%   

Asian 19%

Multiple 9%

Hispanic/Latino 8%     

Filipino 3%    

African American 3%

Pacific Islander 1%



低所得者:   

4%







Bowditch



API: 906



Students:

Asian 40%

White 39%

Multiple 7%

Filipino 6%

Hispanic or Latino 6%

African American 2%

Pacific Islander <1%

低所得者:6%







Bayside



API: 714



Students:

Hispanic/Latino 59%

White 14%

Pacific Islander 11%

Asian 7%

Filipino 5%

African American 3%

Multiple 2%



低所得者:57%



APIというのは、毎年行われるテストによる結果。最高は1000で、中学のレベルだと800超えしていると大体『良い学校』と言われると思います。生徒の人種もそれぞれの学校でバラバラ。一番最初に赴任したBaysideはヒスパニック系がほとんどだったし、2番目のBowditchは白人とアジア人が半々。今回働くRalstonは白人がマジョリティーだけど、アジア人の割合も結構あるといえばあるかな。ここで注目してほしいのは低所得者の割合。これは低所得者だと、ランチが無料または安い値段で買えることが出来るのです。これを見ても最初の学校がどんな感じだったか想像がつくと思います。BowditchとRalstonは人種の構成が多少違うけれど、親の学歴や収入、そして子供に対する期待などはかなり似ているのではないかと思っています。

この3つの中学校ですが、どれも半径5キロ圏内にあります。これがアメリカの怖いところ。住むエリアでこんなに学校の雰囲気などが違ってきます。



さて今回、前の二つの学校の時と違うのが教えるクラス。前の二つの学校では数学ではトップに属する生徒の取るGeometryやAlgebraのクラスを主に教えていました。このクラスの何が良いかというと、生徒が頭が良いので、言った事を何でも素直にやってくれること。宿題は毎回提出するし、テストの前には勉強するし、授業態度も良い。他のレベルのクラスも教えてましたが、こういうきちんとしたクラスが1日に何時間かあったので、ある意味楽でした。今回は新しい学区というのもあって、初めて6年生のクラスを4つ、それからAlgebra Readinessといって、8年生では必修なAlgebraを取るレベルに達していない生徒が取るクラスを2つ教えることになりました。まず6年生のクラスですが、個人的に8年生の方が教えやすいと思うので、6年生はある意味未知の世界。教える内容は全く難しくないですが、小学校から卒業したばかりの子が中学の授業の速さなどに付いていけるのか謎。小学校と違って宿題の量も格段に増えますし。そして8年生のクラスですが、これはBowditchでも受け持ったことがあるので、まあ何とかなるでしょう。



学校は8時20分~3時03分まで。水曜日は8時20分~12時29分まで。その後にミーティングです。朝は7時45分頃には学校に着くようにしなければならないので、家を7時20分頃に出ようかと思っています。帰りはなるべくすぐに帰ろうと思っていますが、どうなるでしょう。子育てしながら仕事をしたことがないので、時間のやりくりがきちんと出来るか心配。教員の仕事は8時20分に着いて3時03分で終わりというのではなく、テストや宿題の採点、ミーティング等々、時間外でやることも多々あります。Bowditchの時にかなり時間を効率的に使うというのがうまく出来ていたので、今回もそうやって仕事をやりこなそうかと思っています。なるべくユリとの時間を削らないようにして、もし仕事が学校で済まなかった場合は、ユリが寝てからやるとかして頑張っていこうと思ってます。



また明日も仕事。明日、明後日はミーティングと準備、生徒は24日(水)が初日です。

Wish me luck!
2011.06.24 仕事復帰
99%の確率で8月下旬から仕事に戻ることになりました。職種は以前と同じく教師。サンフランシスコとサンノゼのちょうど真ん中に位置するベルモントという町にある公立中学校でのお仕事。今まで教えたことのない6年生担当。いつもは8年生を主に教えて来たので、ある意味未知の世界ですが、楽しんで仕事が出来たらと思います。



ユリはどうするかということなのですが、午後はいつものBingへ行き、午前中はCasa dei Bambiniで続けるか、現在サマーキャンプで時々通っている別の学校に行くか検討中。週1で日本語学校もあります。これは月曜日か金曜日にしようと思ってます。ちなみにお昼のお迎えは主人がやります。そしてBingにはextended careがあるので、そこでもう1時間見てもらうつもり。Bingの先生だから安心だし、ベビーシッター雇うよりも低料金。私は学校が3時に終わり、次の日の準備や採点などをしたりして、4時半頃のお迎えになりそうです。



ちなみにBingは、9月から今の週2から週5に変更出来ることになりました。これも申し込んだら誰でもそう出来るわけではなくて、先生方からの推薦と親からの手紙の内容によります。私達も2ページにわたる長文の手紙を書きました。週5にするのはかなり難しいらしいので、とりあえず良かったかなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。