上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして、みなさん。この面倒くさがりの私がなんとブログデビューです。

子供が生まれて以来、何かわからない事を調べる度に検索結果にいろいろな人の育児関係ブログが出てくるのに気付きました。そのうち3-4つは毎日更新を楽しみにしてるほど情報満載でおもしろいサイトで、自分でも『ブログ始めようかなあ~』と思いつつ5ヶ月が経ってました。

他の人のブログを見て、自分もやろうと思った一番の理由は、子供の成長記録が残せる事。ちょっとした日々の変化も書き留めておけるから、もっと前からすれば良かったなと。

最近になって、やっと育児も落ち着いてきたので、これからこまめにブログを更新できたらと思います。

プロフィール
英語に出会ったのは遅くて、中学1年の英語の時間。学校に来るALTの外国人の先生方と交換日記をするくらい英語が好きになりました(今でもそのうちの3人とは友達)。趣味で和英辞典を読むくらい英語が好きになりましたが、かといって英語の成績は特に優れてもなかったです。高校の時のALTの先生の後押しがあって、97年の春に渡米しました。ロサンゼルス出身の彼女の助言や、中学校の時のALTの先生が近くに住んでいるという事もあって、アメリカオレゴン州のEugeneという町にあるUniversity of Oregonに入学しました。

大学を2001年に卒業。卒業の際に、Stevenson Prizeという賞をいただきました。これは大学の数学科にある4つの賞のうちの一つで、複数の教授から推薦がないともらえない栄誉ある賞なのです。この大学で、数学の楽しさを教えてくれたイスラエル出身の数学教授がいるのですが、この当時から今でも家族ぐるみで仲良くさせてもらっています。

その後、主人の仕事の関係でニューヨーク州のAlbanyという町に引越しました。1年の専業主婦を経験。でもupstate new yorkにほとんどアジア人がいないので、その生活に嫌気がさし、Albanyエリア以外にある大学院に進む事を決意。これも上の高校の時のALTの先生の助言で、教育学ではトップ3に入るStanford UniversityとColumbia、NYCに住んでみたかっただけの理由で願書を送ったNYU他数校に願書を送り、上記の3つの院に合格してしまった(ちなみに落ちた所は全部州立。なんで~?)。本当はColumbiaのTeachers Collegeに行きたかったのだが、夫の反対(治安の問題で)でStanfordに行く事を決意。

大学院では午前中に教育実習、午後は夜まで授業、深夜過ぎまで宿題やらレッスンの準備やらのとてつもなく忙しい生活。周りもみんな有名大学から来てるエリートばかりなので、授業のディスカッションとか大変でした。本当は2年のプログラム(他校ではそう)を1年に凝縮してるのと、教員免許プログラムだけじゃなくて修士号のプログラムもこなしていく必要があったので、多分今までで一番頭を使った1年だったと思います。翌年、修士号と中学・高校数学&日本語免許を取得し卒業。その後、ベイエリアの公立中学校にて、AlgebraとGeometryを教える。

2007年に娘を出産。

5年間の教師生活の後、日本へ引越す。

・1997年:渡米。その夏に主人と出会う。University of Oregon入学。
・1999年:結婚。
・2001年:卒業。NYに引越す。
・2002年:Stanford University大学院に入学。
・2003年:卒業。ベイエリアの公立中学校で7、8年生を主に指導し始める。
・2007年:緊急帝王切開で娘を出産。
・2008年:日本へ引越す。

現在、専業主婦です。
2010~2011年に再び渡米する予定です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。