上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.13 Filoli
Bingのお友達、ロレーナとサヒアーとWoodsideにあるFiloliへ行ってきました。ここは1910年代に建てられた実業家の家。265ヘクタールもある巨大な邸宅と、その周りにあるお庭が有名なところ。今は歴史的建造物として一般公開されている所です。入場料は大人15ドル、5歳以下は無料です。





お花が大好きなユリにはたまらない場所。ユリは公園などでタンポポだのレンゲだの摘むのが好きなのですが、ここでは『花は摘まずに見るだけ』と言い続けるのが大変でした。





本当に仲良しの2人。





芝生エリアは本当は入ってはいけないことになっていますが、子供達3人は走って入ってしまいました。この写真の後に3人を連れ戻しました。。。





バラ園は素晴らしいの一言。本格的なバラ園に行くのは、ロンドンのRegent's Park以来かな。



2時間程見て回った後は、ここに隣接しているカフェでランチです。私はサンドウィッチとスパークリングウオーター、ユリはサンドウィッチにミルク。お味は普通。でも雰囲気が良いので、ここで食べる価値はあるかも。



子供達が遊んでいる間に、母親3人で幼児教育法というか理念の『Reggio Emilia』をメインに話し合い。Bingはこの教育法をメインに運営されているのですが、3人ともアメリカで育ってないので(ロシア、インド、日本)、様々な観点からこの教育法とモンテソーリ、シュタイナーなどを含めて話し合いました。大学院の時以来かな~、こんなに真面目な話を真剣に話したの。



ユリは少し風邪気味なご様子。今も寝ながら咳をしているのが聞こえます。酷くならないといいけど...。今週末から3週末連続で誕生日会のお呼ばれが続きます。
スポンサーサイト
ロレーナのお母さん、マーシャからのお誘いで、WoodsideにあるHuddart Parkへエッグハント&ピクニックに行ってきました。この日はあいにくの曇り。でも3歳半にして今回がユリにとっての初めてのエッグハントなので、親子共々楽しみにしていました。



開始は12時半。マーシャと旦那さんのセバスチャンが前もってエッグを隠しておいてくれました。ユリは最初コンセプトがわからず、バスケットの代わりのバケツに土を入れたり、たんぽぽを摘んだりしていたのですが、やっといろんな場所にエッグが隠されていることがわかり、他の子供達と楽しそうにエッグハントを始めました。











エッグをたくさん取ったので、小さい子にも親切に分けてあげることができました。中にチョコレートやおもちゃが入ってることもわかったので、さらに楽しんでいました。



子供達のエッグハントが終わった後はピクニック。みんなで食べ物&飲み物を持ち寄りです。このピクニックに来ていた人は、ロシア人のマーシャを始めとするロシア人3人、ギリシャ人1人、アイルランド人1人、ドイツ人1人、インド人2人、日本人1人(私)と多国籍なグループ。それに私の主人とマーシャの旦那さんのアメリカ人2人。マーシャの旦那さんはLAで育ったけれど、ご両親はスペインからの移民、そしてスペインで長い間暮らしていたことがあるし、曾祖父母の代にアメリカに移民としてやってきた先祖を持つ主人は日本に精通してる... ということで、多国籍&マルチカルチャーなこのグループの居心地の良かったことと言ったら...。説明しにくいけれどアメリカ人(しかも海外といえばメキシコやカナダしか行ったことのない人達)のグループとは違って、みんな様々な国に行ったこともあるし、それぞれ英語にもアクセントがあるし。皆アメリカ歴も短いけれど、逆にそんなことを気にして話す必要もなくて、とにかく楽しかったの一言。





16時過ぎにピクニック終了。この日は帰りの車で少し寝たものの、外遊びを4時間近くやったのもあって、18時半頃には就寝。この晩にマーシャからメールが。たくさんの写真と共に送られて来たメールに『みんなユリがとても可愛くて優しい女の子と言っていたわ。ロレーナもユリと遊んで本当に楽しかったと言っていたし、ユリみたいな素晴らしい子供を生んでくれてありがとう。』と。こんなこと友達に言われることって滅多にないので、とても感動しちゃいました。本当に良いイースターの日を過ごせました。
サンノゼにある主に幼児~幼稚園児対象のテーマパーク『Happy Hollow Park & Zoo』へ行ってきました。前に行ったのは昨年の5月。身長が足らなくて乗れなかった乗り物も、今回は乗ることができました~。値段は1歳から69歳まで1人12ドル。でも乗り物は乗り放題です。





開園10分前に着きました。





まずはメリーゴーランド。





前回身長が足らずに乗れなかったローラーコースター。怖がるかと思いきや、大笑いしてました。





これも前回は修理中で乗れなかった乗り物。ドラゴンの形の乗り物に乗って、おとぎ話の世界に行きます。ユリの知ってる話ばかりだったので、とても楽しめたようです。





ブランコ好きのユリにぴったりの乗り物。









これが今回の一番ヒットの乗り物。これも以前は身長が足らずに乗れませんでした。今回は5回くらい乗りました。とにかく大笑い。





高所恐怖症の母親とは違い、高い場所も大丈夫です。





こんな遊び場も。





アメリカらしい、巨大な遊具。









ローラーコースター2回目。アメリカ人らしく両手を上げて乗ってみました~。









petting zoo。動物にえさをあげたり撫でたりすることが出来ます。こちらはヤギ。









全く物怖じせずでした。



ここへは朝10時~13時頃までいました。昼から人の数がどっと増えるので、朝早いうちに行くのがコツです。乗り物も待ち時間無しで乗ることが出来ます。





ここの食事はとにかく不味いので、パーク内で持って来たスナックを食べて、ランチは近くのLee's Sandwichesへ。パクチー好き夫婦なので、ベトナムのサンドウィッチは美味しく感じます。



今日は16時にお風呂、17時半には寝ちゃいました。

先週末は双子ちゃん一家と六本木ヒルズの『レスタジ』にランチに行きました。前回とは違い、今回はそれぞれ車で六本木入り。首都高が混んでいなくて、あっという間に到着。Mさんが予約をしてくれていたので席は用意されてましたが、子供の椅子がない!しかも子供のランチセットなどメニューに無し。私と主人は基本的にこういうレストランは『暗に子供歓迎のお店ではないことを示している』と決めつけてるのですが、念のため聞いたところお子様ランチはあるそう。

私達大人はあまりお腹も空いてなかったので2500円のコースに。これは平日に1500円とお得らしいです。オープン当初はもっと値段がしたそうですが、不景気で客が少なくなったのか、かなり値下げしたそうです。簡単なレビューを:

1)前菜(サラダ)
名前は忘れましたが、特に特徴もないサラダでした。上にのっている豚肉が何故かツナ味。

2)パスタ&ピッツァ
パスタはあさりのクリームソース、ピッツァはじゃがいものスライスがのったもの。どちらも特別美味しいわけでもなく、だからといって不味くもなく。すごく普通。特徴無し。ピザの生地は美味しかったけど、パスタは???あさり好きのユリもあまり食べず。生麺と使用してるらしいのですが、そんな食感がなかったような。

3)デザート&カフェ
デザートはクリームチーズのアイスクリームに、りんごのタルト、あともう1品(覚えてない)だったかな。とにかく甘くて、コーヒーと共に食べたかったのだけど、このコーヒーがデザート完食後10分してから到着。遅い!!

お子様ランチは1人1800円くらいだったかな。ワンプレートで、サラダ、フレンチフライ、ライスコロッケ、パスタ(トマトソース)、ハンバーグがのってます。デザートはバニラアイスにフルーツ少々。ユリを含め子供達3人全員ハンバーグ、ポテト、デザートのアイスクリームしか食べませんでした。

前菜の前にくるパンにも、オリーブオイルやバルサミコ酢、バターなど何も付いて来なかったです。

個人的に1つか2つくらいかな。料理の特徴の無さもそうだけど、サービスが...。とにかく段取りが悪くて、水は無くなってるのに注ぎにこないし、お会計も時間がかかるし、『駐車券を...』というので財布から出そうとしていたら、そのウェイターさんがいなくなってるし。帰りも挨拶とか無くて、預けていたコートも出てこなかったです。そしてトイレ... 全然綺麗じゃないです。水回りの掃除がなってなくて、表の小綺麗な感じからここに来るとガッカリです。そして私が一番ガッカリだったのは、レストラン内で分煙されてないこと。せっかくの食事が台無しでした。

大人4人+子供3人、18000円也。英語で『pretentious』という言葉がピッタリのレストランでした。


お子様ランチは飲み物が付いてません。

ランチの後、森タワーの52階にあるプラネタリウムに。入場料が1800円。主人の会社から東京は一望出来るので、プラネタリウム代だけ支払いたかったけれど、そんなのはありません。ちなみに3歳以下は無料。このプラネタリウムは普通の椅子に寝転がって見るタイプではなくて、星の中を自由に歩きながらというのが売りみたいだけど、私が20年前に見たプラネタリウムの方が何倍も良かったというくらい出来が悪いです。1800円返して欲しいと本気で思いました。主人と『まさかこれがメインじゃないでしょうね』なんて話してたら、やっぱりそうでした。途中で映像が流れる部屋があるけれど、これもyoutubeで有名『powers of ten』そっくりでした。ユリはそれなりに楽しんでいたようで、さっそく家に帰ってから宇宙の百科事典を取り出し『milky wayだ~。これ今日見たね~。』と話してました。

この後に主人の会社にまたまたお邪魔しました。ここに置いてあるGoogle Earthがほぼ360度実体験出来る機械(?)の方がプラネタリウムよりずっと高性能で楽しめました。



双子ちゃん一家はこの後に用事があって先に帰ったので、私達家族で『La Boutique de Joel Robuchon』といパティセリーに行きました。ここで数品デザートを購入して、早速頂きました。私のモンブランは甘みが強すぎたのですが、ユリのシューアラクレームは中々美味しかったです。

帰りにボーネルンドで地球儀を買って帰りました。ここは子連れだと車がおすすめかも。上限3000円だし、5000円で2時間、1万円で4時間無料になります。駐車場も全く混雑していないです。個人的にP5がおすすめです。


パティセリーで購入しても、食べるのは外です。中はレストランの客のみです。
1週間前から風邪を引いてます。今回はいつもの喉の痛み、鼻水、咳に加えて、発熱、悪寒も付いてきました。今は幸い咳と鼻水のみですが、外出時はマスク着用です。日本の咳止めは何だか効いてるのか効いてないのか...。

さて風邪で家でゆっくり休養...とはいきません。何と言っても引越しまであまり時間も無いし、12月はイベント盛りだくさんで、スケジュール的に予定をあまり延期に出来ないのです。

先日は双子ちゃんママのMさんと銀座まで行ってきました。Mさんは以前に有楽町駅近くの会社で働いていたのですが、そんな彼女が10年以上通っているという『松本平太郎美容室』に連れて行ってもらいました。ここはいくつか支店があるそうですが、私達の行ったのはそのうちの『銀座 PART II』というお店。松屋の目の前にあります。紹介されて初めての客はメニューが半額だったり、スタイリスト料免除などいろんな特典がありました。私はMさんをいつも担当している店長さんにお願いしました。マイクロスコープで頭皮の状態を調べてくれたり、ハンドマッサージをやってくれたりします(ちなみにこの担当者は、昔いた『わらべ』のメンバーの誰かの子供らしい)。全品ケラスターゼというのも嬉しい。私は横浜にも岡山にも行きつけの美容院があるけれど、ここもなかなか良かったです。このお店に髪のブローというかセットだけしに来る客もいて(普通の服というか、何も特別なイベントの為ではなさそうだった)、さすが銀座って思ってしまいました。美容院で時間があっという間に経ってしまい、肝心の買い物はあまり出来ず。松屋のデパ地下だけ見て帰りました。この日は美容院以外ではマスク着用でした。

そして先週の水曜日は、習い事のお教室の後にマヒロちゃん&マイコさん親子とたまプラーザへ行ってきました。お互いずっと忙しくて、なかなかスケジュールが合わずに会えず、久しぶりの再会を私もユリも楽しみにしていました。本当はすぐにたまプラまで行って、そこでランチ、そして子供達をボーネルンドで遊ばせるというプランにしていたのですが、人身事故で電車がストップしていました。それで急遽、最寄り駅にある『洋麺屋五右衛門』でランチを食べることに決めました。初めてここを訪れたんですが、チェーンにしてはなかなか美味しかったと思います。ユリはボンゴレとカルボナーラのハーフ&ハーフをかなりの量食べました。食後に駅の掲示板を見ると、全て各駅だけど運行は再開されてるとのこと。さっそくたまプラへ出かけました。ユリもマヒロちゃんも電車の中で静かに良い子にしてくれてました。ボーネルンドではユリとマヒロちゃんを遊ばせて、子供達を見ながらマイコさんと久しぶりにゆっくりと話せました。さてこのたまプラのボーネルンドなんですが、他の同じような施設と比べて、まだ歩けない小さい子の率が高かったです。そういう月齢の子専用の部屋もあるのですが、ここのママさん達はどこでも遊ばせるので、何だか危なかったというか、例えば子供が走ったりジャンプしたりして遊べる遊具があるのですが、そこでも小さい子と一緒に親がジャンプしてたり、(まだ歩けない)小さい子だけだったり... 二子玉川のピアレッテと比べても、子供の年齢層がかなり低いです。あまりユリにはここは向いていないかも...。とはいえ、ユリもマヒロちゃんもそれなりに楽しんでたみたいです。





六本木ヒルズ編に続くのですが、長いので次回。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。