上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月28日正午過ぎ、第二子となる男の子を出産しました。ジュンと言います。

前回はスタンフォード大学病院でユリを出産しましたが、あまりアフターケアがよくないというのもあって、今回は誰もが絶賛するセコイア病院での出産を選びました。前回の帝王切開であったので、今回は予定帝王切開でしたが、その準備中に陣痛が始まるというハプニングも。そのおかげか、生まれてすぐに母乳も出始めて、その分回復もとても早かったように思います。前回は帝王切開の痛みや予想以上に新生児のお世話が大変なこともあって、寝不足でゾンビのような生活がかなり長く続きました。でも今回は手術後3時間もすれば部屋の掃除をする程に回復しました。病院には5日間いましたが、ジュンが良く寝てくれたことや、アフターケアの素晴らしさもあって、退院後は家で掃除機をかけられるほどでした。


2〜3時間毎に授乳するように言われていましたが、何もしないとそれ以上寝てくれていました。


ユリが初めてジュンと会った時の写真です。私が入院中は義両親がユリの面倒を見ていてくれました。


退院してから。お父さんの上にこうやって寝転がってよく寝ていました。


日本から私の母も来てくれました。


ユリと一緒にタミータイム


約1ヶ月。この頃はほっぺや鼻周りに湿疹が出るように。ベビーソープで洗うようにしたら、すぐに治りました。


2ヶ月。首もしっかり据わってきました。


3ヶ月。バンボがあればおすわり出来るようになりました。


只今3ヶ月半。よく食べよく寝る子で、起きている時は満面の笑顔を見せてくれます。ユリは4歳8ヶ月なので、本当によくジュンの面倒を見てくれます。ジュンもお姉ちゃんが大好き。朝は二人で会話をしていて、それが本当に微笑ましいです。



スポンサーサイト
2011.04.04 3歳5ヶ月
育児日記なのに全く成長記録を残していなかったので、この辺で久々に書いてみますね。



言語面:



日本語



・会話は話すことも聞き取りも問題無し。ただ最近は英語の方が話しやすいらしく、時々英単語を混ぜることがあるので、それを直させて話させるようにしている。

・ひらがなは以前は全く興味を示さなかったけれど、最近は読めると本などが読めるようになるということがわかったようで、前よりも進んでひらがな表を見る様になった。ひらがなは友達の名の頭文字という感じで覚えているよう。例えば『まっくすの”ま”』『いざべらの”い”』みたいな。時々、主人 vs ユリでかるたをやってます。

・ひらがなを書くのも只今練習中。

・『にほんごであそぼ』のCDがお気に入り。『じゅげむ』『1より小さい数』『雨ニモマケズ』『こころよ』など普通に歌える。その中でも『ひとよひとよにひとみごろ...』という平方根(square root of 2)の語呂合わせがお気に入りで、その歌が流れると大笑い。






英語


・会話は全く問題無し。

・大文字は何も見ずに普通に書ける。小文字は覚えてるのと覚えてないのがあるけれど、ほぼ書ける。

・フォニックスは絵本を読んでいる時に練習中。



生活面:

・19時~20時就寝で、朝は7時頃起床。

・お風呂は身体を洗うのは私か主人がやるけど、基本的に1人で入っている。もちろん私か主人が見ているけど。

・果物を切ったり、洗濯物を畳んだり、ベッドメイキングをやってくれたり、お手伝いもやってくれる。




食生活:


・パスタがとにかく大好き。最近は玄米パスタに変えたけれども、そのモチモチ感がお気に入りのよう。

・朝はパンが多いが、来客者が食べていたオートミールも気に入って食べ始めた。



学習面:


・学校ではスペイン語をやっている。お遊び程度だけど、本人は楽しんでいるよう。挨拶と数字が言える。

・フランス語も好きで、お気に入りの曲は『Joyeux Anniversaire(happy birthday)』『Sur le Pont d'Avignon (on the bridge of avignon) 』。数字も言える。

・地図を見るのが好きで、地名や国旗なども気に入ったものは覚えているよう。お気に入りの国は日本、アメリカ、ベトナム、イギリス、フランス、ベルギー、インド、バングラディッシュ、オーストラリア。

・ハサミで形を切るのにハマり中。テープを使うのも好きで、絵をバラバラに切って、それをテープで貼付けるということをやる。

・習い事:ピアノ、日本語(4歳になったらダンスかバレエなどを始めようかと思っている)

・学校:月水金 9~15時、火木 12:45~4:15



その他:


・絵が上手になった。イヤリング、ヒール靴なども描く様に。Bingの先生方に驚かれたよう。2~5歳児で絵の上手な子は、言語能力を始めとする様々な分野で秀でているそうです。先生方に『家で何やってるの?』と聞かれたので、『部屋にイーゼルを置いて、いつでも絵が書けるようにしてるだけですよ~』と言ったら、『それはこれからもやりつづけてください』と言われました。ユリは先生に絵を説明する際に、ものすごく複雑な話をしてくれるそうです。Bingの先生はいつも絵の後ろに何をユリが説明したか書いてくれるので、とてもありがたいです。



・Trader Joe'sというスーパーでいつもシールをもらえるんだけど、先日いつものようにシールをもらった直後に、後ろのおばさんがユリに『enjoy!』と声をかけてくれました。ユリは『ok』と笑ったんですが、面白いのはその後。車に乗って帰ろうとするとユリが『さっきおばさんに"enjoy"って言われたけど、”I'm already enjoying it”って思った。』と言うのです。『ok』って笑っていたのは苦笑いだったのでしょうか。主人と私もどちらもこういうタイプなので、それに似たんでしょうねえ。



ユリの絵を紹介:



白雪姫がりんごを食べようとしているところ。右は小人がぶらんこに乗ってるらしいです。





これも白雪姫。右にひまわりとチューリップも描いてます。





これが学校で描いた絵。意地悪なお姉さん(シンデレラから?)がいたので、泣いている女の子らしいです。上にラストネーム("U"が抜けてますが)も書いてます。”K”は大文字の中で一番習得するのに時間がかかったのですが、書けるようになってから嬉しくて何度も書く様に。



最後に3歳5ヶ月の写真です。



絵本が大好きです。最近は絵の無い本でも大丈夫。長~い話でもちゃんと集中して聞けます。忙しい時に『絵本読んで待っててね』と言うと、きちんと1人で絵本が読めるのは感動。





初の洗車体験。『もう一回行こうよ~』と大好評。



2011.01.22 ユリの絵
最近は好んでプリンセスの絵を描くのですが、とても上手になってきてます。





不思議の国のアリス。





手も描くようになりました。





白雪姫。ちゃんとスリーブの部分やティアラも描いてます。





これはシンデレラ。右上は時計が12時を差してるところ。左下は階段で、シンデレラが急いで階段を降りて行ってるところらしいです。



ちなみに以前(といっても昨年の9月)は、こんな絵を描いてました。

2010.09.25 どうして?
先週からユリの『どうして?』フェーズが本格的に始まりました。以前にも私や主人が言ったことに対して、『どうして~なの?』『Why~?』と聞いていたのですが、今はそれが止まらない状態。

例えば、昨日の会話。夕食で私1人がキムチを食べていたら、

ユリ:それ美味しいの?
私:うん、でも辛いからユリは食べられないね。
ユリ:どうして辛いの?
私:これは唐辛子っていう辛いものが入ってるから、辛い食べ物なの。
ユリ:どうして(ユリが)食べたらいけないの?
私:辛いから、食べると口の中が痛くなっちゃうよ。
ユリ:どうして痛くなっちゃうの?
私:辛いから...(適当に返事)
ユリ:どうして辛いのに食べるの?
私:お母さんには美味しく感じるからだよ。
ユリ:じゃあゆりも食べてみる!
私:辛いからユリは食べられないよ。
ユリ:どうして辛いの?
(3番目の会話文に戻る)

...と続くのです。で、最終的に『ふーん、そうなんだ』と何となく納得して終わります。最初は適当に返事をしてたんですが、段々それでは逃げられなくなってます。

さて別件なのですが、ユリの通っている幼児教室には『月のうた』というのが毎月2曲あって、1曲目は挨拶やら礼儀作法のようなテーマのもので、もう1曲はサイエンスだとか歴史、地理みたいなお勉強系の歌なんです。今月のお勉強系の歌が『無脊椎動物』についてなのですが、ユリがそのサビの部分をとても気に入っていて、そこばかり口ずさんでます。今日もお風呂で遊びながら、『せぼねがな~い、せぼねがな~い』と大声で歌っておりました。その歌のお陰かどうかわかりませんが、何が無脊椎動物かというのをわかっているよう。主人とどの動物が脊椎動物か無脊椎動物かの問題を出し合ってました。


近所のうどん屋さんにて。最近は変顔をやったり、『プリンセス』が乗り移った時は不思議な笑顔と仕草をしたり、何だかひょうきんな娘になってきてます。3歳が近いているのか、外出も格段に楽になりました。先週は一緒にたまプラーザという所へお買い物へ行きました。一緒にランチを食べ、服を一緒に見て試着したり。。。楽しいショッピングの時間を過ごしました。
昨日、ハンバーグをこねていたのですが、ユリが『あっちで一緒に遊ぼうよ~』と言うので、『ちょっと待ってね。これが終わってから行くから。』と言うと、『Your hands are all dirty right now?』と聞いてきました。それで私が『うん、ちょっと今は忙しいから、ちょっと待ってね。』と言うと、『You are busy right nowか』と納得してました。

最近は上のように英語と日本語を会話の中で混ぜたり、一つの文でもどちらも入ってる時があります。例えば、『ユリもcutあげる(かったげる)』『sitないで(しったないで)』みたいな感じ。

それからユリの好きなMaurice Sendakの本の影響かDr. Seussの本/DVDの影響か、最近、突然おもしろい事を言います。『I don't think the wild things are coming』とか『See you later alligator. Alligators all around. 』とか。ある日パンチを廊下でやってるので、何をやってるのか聞いたら『I'm punching the ghost』と言ってました。

Dr. SeussのDVDのある話に『Carlos K Krinklebine』という名前の魚が出るんですが、私が冗談で『ユリの名前はYuri K Krinklebineだったかな?』と聞くと、『ノー、my name is Yuri (私達のラストネーム)Fish is Carlos K Krinklebine!』と修正します。それで続けて『お母さんの名前もEri (私達のラストネーム)だよ』と言うと、『ノー、お母さんの名前は just Eri!』と怒られます。主人がやっても同じ。どうやら私達のラストネームはユリだけのものみたいです。

他にもDr. SeussのDVDの中で主役のネコが『cat, hat, in French, chat, chapeau...』と歌うんですが、私がそれを歌っていたら『chapeau(フランス語で帽子の意味)』の発音が違うと怒られます。私は適当に『シャポー』と言ってるんですが、ユリによると『(少し違うんだけど、あえてカタカナで書くと)シャプー』のような発音らしいです。何か口の形が違うんですよね~。

発音と言えば、ユリのスクールにはアメリカ人とオーストラリア人の先生がいて行く曜日によってどちらかがいるんですが、最近はオーストラリア人の先生の日に行く日が多いので、『I don't know』『I don't think...』『No』『That's pretty cool』などの発音がオーストラリア人の発音になってます。主人もこれには笑ってしまうよう。


寝る前のお父さんとのreading time。この日はDr. Seussの本です。


私の母が来ていたので、お台場に行ってきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。